ウミガメの車と工具の日記

現役整備士の私が車や工具の事について書いていくブログです。

自動車整備士におすすめの工具・ガス式ハンダゴテ

スポンサーリンク

f:id:umigameblog1:20190821174831j:plain

こんにちは。ウミガメ(twitter:@umigametool)です。

 

今回はどちらかと言うと整備士と言うよりはプライベーター向け?

ガス式ハンダゴテを紹介します!

 

今回紹介するのはDREMELの「VERSATIP」です。

 

まず一番の特徴はガス式と言うところですね。

多くのハンダゴテは電気式でコンセントに差して使う物が多いです。

しかしこちらのハンダゴテはガス式ですので、ガスをチャージしてしまえば配線などを気にせずどこでも使えます!

 

配線が無いという事は取り回しや線の長さを気にしたりもしなくて良いですね。

 

ハンダゴテと書いていますが、先端のパーツを交換する事で色々な用途に使用できます。

入っている先端のパーツは

・はんだ付け先端工具
・デフレクター
・切断ナイフ
・形削りナイフ
・広角炎用ヘッド
・熱風用先端工具

の6種類です。

 

それぞれ説明していきます。

 

はんだ付け先端工具

通常のはんだ付けに使用する物ですね。

自動車関係に限らず使えます。

使う人や用途によりますが、6種類入っている先端パーツで一番メインで使う事が多いかと思います。

 

デフレクター

偏向させるもの、逸らさせるものなどの意味があります。

プラスチックの棒などを温めて反らせたり曲げたり出来ます。

これはプラモデルなどを作る方が使える先端工具でしょうか?

 

切断ナイフ

一番のおすすめ先端工具。

車関係ではかなり使えるかと思います。

例としては

・バックカメラ取付の為にバンパーに穴を開ける

・グローブボックス内に配線を通すために穴を開ける

・ピラーにツイーターを埋め込む為に穴を開ける

などなど。

ドリルで開けにくいような穴開けに使えると思います。

 

特にオーディオ関係をメインでやられる方は持っていて損はないんじゃないでしょうか?

 

形削りナイフ

木材に焼き後を付けたりするものです。

切断ナイフより幅広なので発泡スチロールの板なんかを切るのにも使えそうですね。

他にも使えそうな気がしますが・・・思いつきません(笑)

 

広角炎用ヘッド

通常の炎より幅が広くなる先端工具ですね。

広くなると言ってもそこまで変わりません(笑)

温めたいところの近くに炎を当てたくない物がある時等に使えるかもしれませんね。

 

熱風用先端工具

デフレクターより狭い範囲を温めたい時や、単純に風で温めたい時に使う工具です。

これもプラモデルなどで使えそうですね。

車関係ではここまで小範囲を温める事は少ないと思います。

 

先端工具はこんな感じです。

 

使用時間は調節レバー最大で45分、最小で90分との事です。

めちゃくちゃ連続して使う事も少ないと思うので十分かと思います。

ガスを持っていればチャージもすぐ出来ますしね(笑)

 

車関係で言うとオーディオや内装をいじるような方がかなり使えるんじゃないでしょうか?

もちろんオーディオや内装をメインでいじる方以外の普通の(?)整備士の方でも持っていれば使える工具です。

 

気になった方は使ってみてください!

 

ついでにチャージ用のガスも載せておきます。