ウミガメの車と工具の日記

現役整備士の私が車や工具の事について書いていくブログです。

【スポンサーリンク】

この猛暑に、暑さ・熱中症対策

スポンサーリンク

こんにちは。ウミガメ(@)です。

 

今年の夏は暑さが凄いですね。

私は特に暑いのが苦手なのでかなり困ってます…

 

毎日ヘロヘロです(笑)

 

今回はそんな私がやっている、仕事中に使える暑さ対策・熱中症対策を紹介したいと思います!

もちろん仕事中じゃなくても使えますよ(笑)

 

 

 

 

腰ベルトファン

 

名前通り腰のベルト部分に付ける充電式の小型扇風機です。

服の中に風を送ることができます。

 

工業用の大きい扇風機がある工場は多いと思います。

私の工場にも置いてあります。

 

でもやっぱり服の中にくる風は違いますね!

汗を吸ったシャツが冷やされてひんやりです!

 

上下が分かれている作業服なら取り付けしやすいですが、ツナギだと取付け箇所が少なく悩みます。

私はサイドのポケットに入れて足に風を送ったり、胸元に付けて上半身を冷やしたりしてます。

上下どちらにもクリップが付いてるので上向きにも下向きにも風が送れます。

 

 

風量は少し弱めです。

私は少し太り気味体型でお腹が出てますが、胸のあたりまでしか風が来ませんね(笑)

痩せていて作業服に余裕がある人なら広い範囲に風がいきわたるのかもしれません(笑)

 

 

モーター音は作業してる工場なら気にならないくらいです。

私の工場はラジオも流してるのでほとんど分かりません。

 

 

 

ROCKY:COOLCORE コンプレッションシャツ

 

-10℃の表記に惹かれて購入。

水分を蒸発させることで気化熱を利用して涼しくしてくれます。

 

素材の特徴は

1・化学成分無配合で健康に配慮、UVカット

2・ベタつかない、蒸れない

3・劣化しない、選択しても機能が変わらない

4・他の素材に比べて最大10℃の表面温度差

とのこと。

 

使った感じでは、やっぱり他の素材の物とは違います。

一番感じるのは「ベタつかない」ですね。

やっぱり汗をかいて肌に服がくっつく感触は気持ち悪いですが、このシャツはほとんどそれがありません。

 

体感温度的にはそこまで大きくは変わりません。

恐らく上に作業服を着ていて空気に直接触れないからでしょう。

しかし扇風機なんかの風を服の中に少し入れてみるとかなり冷たく感じます(笑)

 

 

コンプレッションシャツと言うのは体にぴったりフィットするシャツの事です。

私はあまりそういうシャツを着たことが無かったので最初だけ違和感が凄かったです。(特に腕周り)

しかし3回も着たら慣れましたね(笑)

 

サイズは通常より1サイズ小さい物を購入するくらいが良いかも。

 

 

 

 

クールタオ

 

使った中で一番良いと思いました。

 

上のクールシャツと同じ機能を持ったタオルですね。

こちらは最初に水を吸わせて、軽く絞った後に首に巻くだけです。

 

巻く前に一旦広げて空気中にパッと扇いだらさらにかなり冷たくなります。

 

シャツと違うのは、首元に巻くので直接空気に触れているという事。

水分がある間はずっとほんのり冷やしてくれます。

 

水分の量や使用状況にもよりますが1時間~1時間半くらいは持つんじゃないでしょうか?もちろん効果が切れたらまた濡らせば復活します!

 

しかしあまり水を含ませすぎると服が濡れてしまうので注意が必要ですね(笑)

 

 

 

 

アイスノン

 

最初に「仕事中に使える」と書きましたが、これは作業中じゃないですね(笑)

 

私は昼休みに寝るようにしてるんですが、アイスノンで首元などを冷やすとかなり気持ちいいですね。

もちろん首元じゃなく足の付け根や脇なども気持ちいいです。

 

私は2つ使ってますが、首元と背中に使ってます。(車で寝てるのでシートが熱いんですよね笑)

 

昼休みに仮眠をとるのは熱中症対策としても良いと聞きます。

クーラーが効いた休憩室や車の中での仮眠もおすすめです!

 

 

アイスノンは持っておいたら風邪をひいた時なんかにも使えるので良いですね!

 

ちなみに他のアイス枕よりアイスノンは袋がしっかりしてます。

少し金額が上がりますがアイス枕を購入するならアイスノンがおすすめです。

 

 

 

今回は暑さ対策についてでした。

今年は連日の猛暑日でホントに大変です。

 

まだしばらく暑さも続くと思うので対策をして乗り切りましょう!