ウミガメの車と工具の日記

現役整備士の私が車や工具の事について書いていくブログです。

コーケンのソケットとマルチパーパスラチェット届きました。

スポンサーリンク

f:id:umigameblog1:20190815143444j:plain

こんにちは。ウミガメ(twitter:@umigametool)です。

 

先日ファクトリーギアに行った時に注文していたものが届きました。

 

 

ko-ken(コーケン):マルチラチェット

f:id:umigameblog1:20180825011344j:plain

 

どちらもKo-kenの物で、左が10のディープソケット、右がマルチパーパスラチェットです。コーケンでは「マルチラチェット」という名称みたいです。

 

ソケットは単純に無くしてしまったので買いなおしです。

正直同じコーケンのソケットでもZ-EALの方にしたいんですが、写真のソケットをセットで買っていて今から買い替えるのももったいないので10のみ購入。

 

ソケットは大した理由で選んでないので今回はこちらがメイン。

f:id:umigameblog1:20180825005322j:plain

 

マルチラチェットはこちらの記事で紹介したものですね。

 

プッシュリリースが付いてる物と無い物が出てますが今回は無い物を選びました。

しかし、奥まったところで使用する事もあるので外れないように欲しい機能ではありますね。単純に取り外す時も楽ですし。

 

でも個人的にですが3/8サイズで奥まったところで使っていてソケットが外れる事ってあんまりないような気がします。

 

ですので今回はプッシュリリース無し。

価格も無しの方が安いですしね(笑)

 

コーケンを選択した理由は「ギアの軽さ」と「価格」です。

 

ギアの軽さ

マルチパーパスラチェットの記事で紹介した4メーカーの物は一応すべて回して確認しました。

空転トルクを測ったわけではありませんが、私の感覚では軽い方から

1コーケン

2ネプロス

3スナップオン、アストロ

くらいかと思います。

 

スナップオンとアストロのものはギア数も48で同じですしどちらも結構固めですね。

 

ネプロスのものはギアの軽さで言うとコーケンには負けますがギア数90で回したときの感覚は気持ちいいですね。

デザインも個人的には1番好きです。

前の記事でも書きましたが底面に差込が付いてないのはマイナス点ですね。

 

コーケンはギア数24で4メーカーの中では一番少ないギア数。

送り角で考えると狭いところなどでは一番使いにくいですが、普通に手で持ってミニラチェットとしての使い方をメインと想定してるので空転トルクの方を重要視してます。

 

価格

価格は分りやすいですね。

安い方からアストロ、コーケン、ネプロス、スナップオンの順です。

 

正直、未知の工具なので「お試し」感覚が強かったです。

この時点で1万円超えのネプロスとスナップオンは無しでした。

 

価格の点で言えばアストロは良いですね。

2000円ちょっとで買えるので他のメーカーと比べるとかなり買いやすいです。

次に安いコーケンと比べても半分以下の価格です。

 

価格はかなり重要だったのでアストロはかなり悩みましたね(笑)

結局ギアの軽さに惹かれてコーケンにしましたが(笑)

 

購入したのは良いですが使い道はあまり浮かんでません。

しばらく使ってみて使えるところを探って行きます(笑)

 

f:id:umigameblog1:20180825005336j:plain

 

特に底面の差込を使ってみたいですが・・・

 

流石にここはかなり使い道少なそうですね(笑)

 

まとめ

マルチパーパスラチェットは他メーカーからも発売されていますが、中々面白い工具です。

使い道は中々少ないですが、持っていたら使える事はあると思います。

 

単体でも小さいラチェットとして使う事ができますので全く使わずに終わる事も無いと思います。

 

良かったら購入してみてください!