ウミガメの車と工具の日記

現役整備士の私が車や工具の事について書いていくブログです。

自動車整備士におすすめの工具・クリッププライヤー

スポンサーリンク

f:id:umigameblog1:20190704012340j:plain

こんにちは。ウミガメです。

 

今回は「クリッププライヤー」を紹介します。

 

クリッププライヤーはプラスチック製のクリップを外す時に使用します。

似たような工具でクリップリムーバーなどがありますが、その辺との違いを説明していけたらと思います。

 

 

おすすめメーカー

私のおすすめのメーカーはSTRAIGHT(ストレート)かアストロプロダクツです。

恐らくロゴだけ違いますがどちらも同じものですね。

 

TONEやKTCなんかからも出てはいますが、形状や角度違いで数種類出ているという点でおすすめできます。あと価格も安い!(笑)

クリップリムーバーとの違い

クリップを外す工具と言えば「クリップリムーバー」が出てきます。

 

関連記事:自動車整備士におすすめの工具・クリップリムーバー

 

もちろんリムーバーの方も使えますし、どちらかと言うとリムーバーの方がよく使います。

しかし、リムーバーとプライヤーでは使うタイミングや場所が違います。

 

クリップリムーバー

基本的にどこでも使えます。

クリップを外す以外でも使う事は多く、ちょっとしたものをこじったりする事も。

 

プラスチック製のクリップも大半は外せますが、時々外れづらいものがあります。

 

クリッププライヤー

基本的にクリップを外す専用と考えて良いです。

リムーバーで外しづらいところや、外しづらいクリップがプライヤータイプなら外せることが多いです。

 

 

例としては下の画像のクリップ。

 

f:id:umigameblog1:20190119175047j:image

 

リムーバーだと片側から差し込むので斜めになってうまく芯の部分が抜けてくれません。


f:id:umigameblog1:20190119175041j:image

 

プライヤータイプなら2か所から隙間に差し込むことができるのでまっすぐクリップの芯を抜くことができます。

 

 

他にも

・タイヤハウス(フェンダーライナー)のクリップ

・アンダーカバーなどの汚れが詰まりやすいクリップ

などリムーバーよりプライヤーの方が使いやすいところはあります。

 

特にアンダーカバーはメーカーにもよりますが、クリップを使ってある車も少なくないです。必然的にプライヤータイプを持っていたら使う事も多くなるかと思います。

 

他の使い方は?

上にも書きましたがクリッププライヤーは基本的にクリップを外す専用の工具です。

しかし、形状的にカプラーの爪を押したりするのに便利だったりします。

 

もちろんこの使い方は間違った使い方です。

先端が尖っているのでカプラーを破損させることもあります。

 

こういう使い方をする方は自己責任でお願いします(笑)

 

まとめ

基本的にはリムーバーを使う事の方が断然多いです。

しかし、リムーバーでは中々外しづらいクリップも多いです。

 

そんな時にプライヤータイプも持っていたら楽に外せますね!

 

私も最初はリムーバーを持っていたので「必要ないかな?」と思いながらも安かったので買ってみました。

しかし使ってみると便利なんですよね。

 

特に泥が詰まったようなクリップ。

リムーバータイプだと全然外せなかったり・・・

 

価格の割にかなり活躍する工具なのでぜひ買ってみてください!

 

 

その他、整備士のおすすめの工具は

自己紹介と工具紹介記事一覧