ウミガメの車と工具の日記

現役整備士の私が車や工具の事について書いていくブログです。

MAC TOOLS(マック)のエクステンションバーを購入しました。コーケンのエクステと比較します。

スポンサーリンク

f:id:umigameblog1:20190609010908j:plain

こんにちは。ウミガメです。

 

前から悩んでいた「エクステンションバー」を購入しました。

一応持ってはいたんですが、ローレット(すべり止め)加工も無く1サイズ無くしてしまっていたので不便だったんですよね・・・

 

 

ずっと考えて色々調べていたんですが、ほぼコーケンのエクステで決定していました。

しかし、少し前にMAC TOOLSのエクステを見たら私の重視しているポイントを持っていたのでマックでも良いなぁと。

 

そんな心が揺れている中、マックのセールスバンが回ってきたので(私が呼んだんですが・・・)まんまとマックのエクステを購入してしまいました(笑)

 

今回はマックのエクステの説明と、私の一押しのコーケンの比較をしていきます。

 

 

 

 

セット内容

f:id:umigameblog1:20190312024031j:image
f:id:umigameblog1:20190312023529j:image

 

パッケージとセット内容です。

 

今回購入したのは「ヌールドエクステンション SXEK5PT」

長さは短い方から40、75、150、200、300mmの5本です。

 

私がエクステに一番求めていたのは「エクステ+ソケットのみの状態での回しやすさ」です。

 

マックのエクステは少し太くなったエンド部にすべり止め加工が施してあるので回しやすいです。

マックではヌールド加工と言うようですね。

 

 

 

価格

定価は18980円です。

エクステではかなり高い部類かと思いますが、使いやすさ・保証付き・マックというブランド(満足感)を考えると全然候補には入る金額だと思います。

 

ちなみに私は割引してもらって少し安く購入できました。

割引も購入を決めた要因の一つですね(笑)

 

 

 

Ko-kenとの違い

セット内容

マック:40・75・150・200・300(5本)

コーケン:32・50・75・125・150・250(6本)

となっています。

 

本数はコーケンの方が多く微妙な調整ができますが、実際5本もあれば十分かと思います。実際私は今まで32・50・125・250の4本しか使っていませんでした。

今まで私が使っていた長さとちょっと違うので使い勝手が気になるところですね。

 

 

滑り止め加工の違い

私が重視していた「エンド部の加工」はどちらもありますが、実際に触り比べた感じだとコーケンの方が溝もあるので回しやすいです。

溝が見えるか微妙ですが一応リンク張っておきますのでコーケンのエクステがわからない人はどうぞ。

マックの良い点はエンド部だけでなくシャフト部にも加工してある事です。

エクステを直接持って回す場合はエンド部を持って回しますが、ラチェットを付けた状態で両手を使って早回しをする場合はシャフト部を持ちます。

 

マック、コーケン以外のメーカーはシャフトのみに滑り止め加工してあることがほとんどですね。

 

 

価格

マック18980円に対し、コーケンは7000円もあれば買えます。

1/3とまでは言いませんがそれに近い金額差がありますね。

 

しかし金額ほどの性能差は無いと考えています。

 

この点では完全にコーケンが良いですね。

 

 

保証

価格ではコーケンに負けるマックですが、保証があります。

折れたりした場合は交換してもらえます。

 

まぁウォルブ(首振り)タイプでもないのでそうそう折れる事は無いと思いますが、無いとも言い切れないので保証があったら安心して使えますね。

 

保証があれば多少無理やりな作業も思い切ってできます(笑)

 

 

 

まとめ

エクステに関して私の一押しは変わらずコーケンですね。

エンド部の加工の回しやすさは素晴らしいですし、価格も安いので。

 

私が今回マックを購入したのは

・値引きをしてもらえた

・私が呼んでわざわざ来てもらった

・単純にマックの工具を欲しかった

という点があります。

 

もちろんマックのエクステも他メーカーのものに比べると良いと思うので、私のようにマックの工具が欲しい方は全然買ってもらって良いと思います!

 

 

最近先輩に足りないエクステを借りたりすることがあったので、やっと借りるのを卒業できます(笑)

とりあえず使ってみて使い心地を確かめたいですね!