MAC TOOLSのクリップリムーバー(ロングストレートタイプ)を購入しました

こんにちは。ウミガメです。

 

工具を買いました。

今回買ったのはクリップリムーバーのロングストレートタイプ

 

関連記事:自動車整備士におすすめの工具・クリップリムーバー

 

MAC TOOLSのセールスバンが来て、欲しかったので購入。

クリップリムーバーはマックのものは使いやすいです。

長さ

f:id:umigameblog1:20181219005952j:image

f:id:umigameblog1:20181219005944j:image

かなり長いですね。

しっかり測ってはいませんが、約525mmです。

 

一瞬「キャビネットに入るか?」と考えましたが、私の使っているキャビネットはセミワイドで横幅620ミリなので余裕でした(笑)

 

通常の幅のキャビネットだと引き出しの内寸が500ミリ程度のものもあるので注意が必要です。

 

先端形状
f:id:umigameblog1:20181219005957j:image

f:id:umigameblog1:20181219010026j:image

先端の形状はこんな感じ。

画質が粗くて申し訳ありません・・・

 

マックのリムーバーの良いところはやっぱり「先端の薄さ」です。

薄ければそれだけ隙間に入れやすいので、クリップの隙間などに入りやすいです。

 

私が知る限りでは一番薄いですね。

同形状のベッセル、同じくらいの薄さのKo-kenのリムーバーも良いですが、ロングタイプはどちらも出してなかったと思います。

 

先端の広がり方が2段階になっているのは大きいクリップにも小さいクリップにも対応できるようになっている為です。

1本で2サイズ使えるのは便利ですね!

 

まぁロングサイズではあまり使わない機能かと思います(笑)

 

金額

グリップまで含めて約5700円でした。

やっぱりマックだけあって安くはないですね。

 

そこまでの金額は出せないという人はKTCやANEXからもロングタイプが出ているのでその辺りで良いかと思います。

どちらも2000~3000円程度で買う事ができます。

想定している使用方法

・スライドドアの内張り

実は買う少し前にスライドドアの修理が来ました。

内張りを外すのがかなり面倒で、その時にはロングのリムーバーの購入を考えていたので「早く買っておけば良かった」と後悔しました。

 

スライドドアの内張りを外すこと自体は多くないんですが、いざ作業が来た時に楽になると思うので考えている内に買いました。

 

・リヤゲート(リヤハッチ)の内張り

リヤゲートの内張りは引っ張って外そうとするとゲートが下に下りてしまいます。

もちろんゲート自体を支えれば外せるんですが、クリップが固い場合などに使えるかと思います。

 

リヤゲート内の配線が内張り側に固定してある場合なんかは内張りを自分で支えているので片手しか使えません。そんな時にも良いですね。

 

・バンパーや普通のドアの手が届きづらい場所

単純に遠くて手が届きづらい場所に配線が固定されている時はロングタイプのリムーバーがあれば楽ですね。

 

まとめ

一番うれしかったのはグリップですね。

私が集めている2016年の限定グリップが偶然手に入ったとの事だったので衝動買いしてしまいました(笑)

 

グリップ自体は中サイズが2本、大サイズが2本だけあるとのことなので中サイズだけでも買っておきたいですね。今後手に入らないだろうし・・・

 

ロングタイプのリムーバー自体は持っておいたら便利な工具です。

使う機会は多くないですが、早く使いたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です