KNIPEX(クニペックス)のグリップの選び方

こんにちは。ウミガメ(@umigametool)です。

 

工具の選び方でよくあるのが、クニペックスのグリップどっちにする問題。

個人的には揃えたい派なので、できるだけ同じ種類で統一したいのですがどちらにもいい面があるので好みで分かれるところかと思います。

グリップの種類

大きく分けると

・ラバーグリップ

・コンフォートグリップ

の2種類があります。

他にも絶縁の赤と黄色のグリップもありますが、今回は割愛。

 

f:id:umigameblog1:20181011185244j:image

 

ラバーグリップ(プラスチックコーティンググリップ)

f:id:umigameblog1:20181011185254j:image

よく見るタイプのグリップ。

コンフォートに比べ細く、操作性で言えばこちらが上でしょう。

 

開いたり閉じたりを繰り返すような使い方ならこちらの方が使いやすいかと思います。

微妙に細い分、狭いところなんかでもコンフォートよりは使いやすいですね。

 

主に赤色の1色ですね。

 

コンフォートグリップ

f:id:umigameblog1:20181011185302j:image

f:id:umigameblog1:20181011185328j:image

ラバーグリップに比べると太いです。

初めて持つ方なんかは「太すぎて持ちにくい」と感じるかもしれません。

 

しかし、その太さのおかげで力が入れやすい。

 

色は赤と青の2色。

赤の部分は硬い材質、青い部分は柔らかい材質でできています。

 

強く握った時に青い部分が手に当たるので手が痛くなりにくくなっています

 

 

こんな感じでそれぞれのグリップに特徴があります。

 

 

私の選び方

私は基本的にコンフォートグリップを買うようにしています。

理由は3つ。

 

1最初に買ったのがコンフォートだったので揃えたい(デザインも好き)

2握力が強くないので力が入りやすい方がいい

3コンフォートが使いにくと言っても気になるほどではないが、力の入れやすさは結構違う

 

この3つの理由でコンフォートを選ぶようにしています。

後は、グリップ根元の出っ張りのおかげで指が引っかかって工具を落としにくいのも地味に良い点ですね。

 

しかし、やはりラバーグリップの方がメインで作られているのでコンフォートの設定が無いものも多いですね・・・

クニペックスを買う時はコンフォートが無いかは絶対確認して買ってるんですが、意外とコンフォートが無くてラバーグリップも数点持ってます。

 

お店で聞く感じだとラバーグリップの方がやっぱり人気もあるみたいですね。

 

良い選び方は?

一番良い選び方は「工具の使い方に合わせて買う」でしょうね。

 

よく使う物で言うと

 

ラバーグリップ

・ラジオペンチ

・プライヤーレンチ

 

コンフォートグリップ

・ウォーターポンププライヤー

・ニッパー

 

こんな感じでしょうか?

 

ニッパーは力を入れる事が多いのでコンフォート側にしていますが、開いたり閉じたりを繰り返すこともあるのでラバーグリップでも良いですね。

あとはプライヤーレンチなんかもどちらでも良いかと思います。

 

ウォーターポンププライヤーもよく使われる250は力を入れる使い方がほとんどかと思うのでコンフォートをおすすめですが、2本目におすすめの125、150くらいのサイズはラバーの方が使いやすいかもしれませんね。

 

最後に

私は「コンフォートでできるだけ揃えている」と書きましたが、コンフォートの設定が無い物が結構多いです(笑)

選ぶ基準が「揃えたい」ならラバーグリップ1択でしょう。

 

どちらを買ってもめちゃくちゃ使いづらいという事はないです。

しかし、せっかくなら用途に合った方を選んで少しでも快適に作業したいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です