ベルト交換や張り具合の調整に!ベルトテンションゲージ

こんにちは。ウミガメ(@umigametool)です。

 

このブログでも数回書いていますが、今回はベルト交換・ベルトの張り調整について。

 

整備士の方ならベルトの張りの調整は大体の感覚で覚えている方が多いのではないでしょうか?

私も覚えていて、いつも自分の感覚で調整しています。

 

しかし、ベルトの張りの調整は中々難しく弱すぎたらキュルキュルとベルト鳴きしたり、強すぎたらプーリーのベアリングがダメになったりベルトが切れたりもします。

 

私も今でこそ調整できますが、感覚を覚えるまでには恥ずかしながら結構時間がかかりました・・・

 

覚えていると言ってもベルトの張力は車種によっても違いますし、調整が間違いなくできているとも言い切れません。

 

整備士でもこんな感じだとサンデーメカニックさんはもっと分からないんじゃないかと思います。

私もブログで感覚を何とか伝えようとはしましたが、文章で書くのは難しいんですよね・・・

 

そんなベルトの張りを調整する時に使える工具「ベルトテンションゲージ」というものがあります!

 

ベルトテンションゲージ

名前通りベルトの張り具合を確認するための工具ですね!

持っていれば初めてベルト交換する方でも安心ですし、車種やメーカーによるテンションの違いもしっかり合わせる事ができるので細かい心配がなくせます。

 

張力測定アプリ 

さらに、こんなものも見つけました。

 

スマートフォン用簡易ベルト張力測定アプリ

Smart Tension(スマートテンション)」

f:id:umigameblog1:20190128015631j:image

アイフォン専用のアプリになっているようですが、ベルトの種類を選んでベルトを弾くだけで張力の測定ができます!

 

アプリの利用料も無料!

サンデーメカニックさんなど、「自分の車をちょっと整備したい」くらいの方は手軽に使えて良いですね。

 

ベルトメーカーの「MITSUBOSHI」が作っているアプリなので信用はできそうです!

それでも心配な方は数回計測して、多く出た数値や平均値を使えば信頼度は上がるかと思います。

 

周りが騒音なんかでうるさい場合は使えないので注意!

 

アプリのダウンロードはApp Storeから。

特徴はMITSUBOSHIのHPで確認できます。

 

まとめ

今回はベルト交換、張り調整に使える工具・アプリの紹介でした!

私も何度かありますが、ベルト交換した車がベルト鳴きして再入庫したり・・・

 

どうしても感覚でやってしまうと張りが弱かったり強かったりする事はあります。

しかし、この工具やアプリを使う事で無駄な張り直しや調整に悩む時間を減らせます。

 

安心して作業するために持っておいて良い工具ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です