ウミガメの車と工具の日記

現役整備士の私が車や工具の事について書いていくブログです。

【スポンサーリンク】

自動車整備士におすすめの工具・ギアレンチ(ラチェット機能付きレンチ)

スポンサーリンク

こんにちは。ウミガメ(twitter:@umigametool)です。

 

今回はレンチシリーズの最後。

ラチェット機能付きのレンチについて紹介します。

 

関連記事:自動車整備士におすすめの工具・メガネレンチ

関連記事:自動車整備士におすすめの工具・スパナ、コンビレンチ

 

コチラもどうぞ。

 

 

レンチにラチェット機能が付いたもの。

一般的には「ラチェットレンチ」「板ラチェ」「ギアレンチ」とか言ったりしますね。ギアレンチが恐らく一番伝わりやすいかと思うのでギアレンチで行きます!

 

 

私はギアレンチはフレックスタイプ(首振り)しか使いません。

多分首振らないタイプはほとんど使用用途が無いんじゃないでしょうか?

力をかけやすい、壊れにくいと言う利点はあるので持っておく分には良いですが使用の頻度的には少ないと思います。

 

ですので紹介するのは「似たもの」が多くなりますが、出来るだけ特徴のあるものを紹介しようと思います!

 

 

 

 

SIGNET:120ギア フレックスシグネットレンチ

シグネットのギアレンチですね。

ギアレンチと言えばシグネットって方も多いのではないでしょうか?

 

その噂通り、ギア数が他メーカーよりも多い120ギア!

ギアレンチは72ギアが多いので120ギアと言うのはかなり多いですね!

送り角度は3度なのでかなり細かい振りでラチェット機能を使う事ができます。 

 

狭いところで使用する事も多いギアレンチなのでギア数は多い方が使いやすいです。

 

 

 

 

高儀:フレキシブルスタビーギアレンチ

スタビタイプの物は持っておきたいですね。狭いところで回すのに短いギアレンチが欲しい事は多々あります。

 

 

他のメーカーからもスタビタイプは出ていますが、高儀を選んだのは「レッドリング」です。 

ラチェット部の片面に赤くリング状の印が付いていますが、これにより正転逆転の方向が分かりやすい!

 

矢印が付いている物も多いですが、ちょっと見づらかったりするんですよね・・・

高儀のものはレッドリングと矢印が両方付いています!

 

スタビタイプはトルクをかける事もほとんどないので、精度よりもこういった使いやすさ重視で良いかと思います。

 

 

Pro-Auto:フレックスメガネギアレンチ

プロオートのフレックスメガネギアレンチ

よく使われてるのはレンチ部がスパナになってる物が多いですが、この工具はレンチ部がメガネになってます。

 

なので一発目の緩め、本締めをしっかりできます!

ラチェット部で本締めとか出来るって書いてある工具多いですけどフレックスタイプだとその首振り部が悪くなったりするのであんまりトルクをかけたくないんですよね・・・

 

でもこの工具だとレンチ部がメガネになってるので安心。

結構流行っても良い工具だと思いますが中々買う人がいないんですよね・・・

 

 

 

TONE:クイックラチェットめがねレンチ

TONEのクイックラチェットめがねレンチ。

この工具はスパナ側にもラチェット機能が付いてます。

 

ブレーキのパイプみたいにナットからパイプが出てるようなところや、メガネタイプのラチェットが入るスペースが無いところ(ロアアームのナットとかに多い)だとスパナしか入らないのでラチェット機能付きのスパナは便利です。

 

私は細かい作業嫌いなので通常のスパナでちまちま回すの嫌いなんですよね(笑)

単純に作業時間も短くなるし。

持っていて損はない工具ですね!

 

 

 

TOP:首振りラチェットロングメガネ

TOPの首振りラチェットロングメガネ

超ロングラチェットメガネはTOPに限らず一押しの工具です!

 

こちらでもメーカー毎に紹介してます。

おすすめ工具・超ロングラチェットメガネレンチ - ウミガメの車と工具の日記

 

足回りや奥まったところなど色々なところで活躍する工具です!

これは絶対に持っておきたい工具!

 

 

 

Pro-Auto:フレックスロックギアレンチ

プロオートのフレックスロックギアレンチ。

ラチェット部の首振りが固定できる工具です。

 

角度を固定できた方が回しやすいことってあるんですよね。

 

シグネット等他メーカーにも首振り角度を固定出来るものは出てますが、ロックボタンが横についてる物が良かったのでこちらを紹介。

横についていた方がロック、ロック解除の操作がやりやすいと思うので。

 

 

 

Pro-Auto:リバースギアレンチ

プロオートのリバースギアレンチセット。

このギアレンチは首振りじゃありません。

 

一番の特徴はラチェット部分内側にリングが付いている事です。

このリングによりボルトやナットがギアレンチを通り抜けないようになっています。

 

緩め始めの時は良いんですが、ボルトナットが緩んできたらギアレンチが奥に入って締まってボルトナットを回しづらくなるんですよね・・・

そのイライラを解消してくれます!

 

しかもこのセットはよく使う8.10.12.13.14.17.19のギアレンチセットと一緒にゴースルーソケット(メガネ用ソケット)と変換アダプターが付いてきます!

変換アダプターはギアレンチに通常のソケットをつけることができるアダプターです。

ゴースルーソケットは微妙に障害物が邪魔な時に助かったりするので持ってたら便利です

 

関連記事:自動車整備士におすすめの工具・めがね用ソケット

 

単品購入すればサイズも最大で36まであるので大きいサイズのギアレンチが欲しい人にも良いですね!

 

 

 

まとめ

ギアレンチはホントに種類が多いので他にも紹介したいものはあるのですがキリがないのでこれくらいにしておきます(笑)

ギアレンチの選び方によって通常のメガネレンチやコンビレンチの選び方も変わってきたりするので難しいですよね・・・

 

ギアレンチは少なくとも2~3種類くらいはセットで欲しいですね。

私も紹介した中では3種類持ってます。もう1~2種類くらい欲しい・・・

 

 

特徴を比べてしっかり選びましょう^^

 

 

 

 

その他、整備士のおすすめの工具は

自己紹介と工具紹介記事一覧