自動車整備士におすすめの工具・L型六角レンチ

こんにちは。ウミガメ(twitter:@umigametool)です。

 

今回はL型の六角レンチについて。

他にも六角棒レンチとかも言ったりしますね。

 

L型六角レンチは自動車整備で使う事は多くないですね。

どちらかと言うと六角はソケットタイプを使用する事が多いと思います。

 

しかし、L型も間違いなく使います。

1セットは持っておきたいですね。

 

六角はL型・ソケット問わず結構穴を潰しやすいです。

少し斜めに入ってたり、奥まで入っていなかったりしたらすぐに六角穴の角が潰れてしまいます。

 

なので出来るだけ信頼できるものを使いたいですね!

Wera:ステンレス マルチカラーヘックスキーセット

ヴェラは独自の技術「ヘックスプラス」と言う特許を持っています。

角ではなく、面接触でなめにくくなっています。ソケットなんかにある構造と似てますね。

f:id:umigameblog1:20180727005214j:plain

 

軸の部分が丸形状で、それぞれに色付きのラバーが巻かれているので回す時に手が痛くなりくいです。軸の部分の丸形状は取り出す時に邪魔なサイズをよけやすいのもいいですね!

 

ステンレスという事でかなり固くなっています。

「しなり」で締め付けの感覚を覚える人はちょっと使いにくいかもしれませんね・・・

 

そんな方はステンレスではなく鉄製のモデルが良いと思います。

 

EIGHT:テーパーヘッド 六角棒スパナ

六角レンチの専門メーカー「エイト」

専門と言うだけあって色々な六角レンチがあります。

 

エイトの特徴は「テーパーヘッド」と言うボールポイントの形状。

こちらはエイトの特許で接触面が広くなってなめにくくなってます。

通常のボールポイントは緩めや本締めが出来ませんが、エイトのテーパーヘッドならそれも可能!

f:id:umigameblog1:20180727005211j:plain

 

あとは「硬さ」と「粘り」のバランスが絶妙!

硬すぎないので折れたりしにくく、粘りの要素も強すぎないのでしっかりと回せます。

 

増し締め用のパイプがあるのも珍しいですね。

セットでも付いてますが、増し締めパイプのみ単体でも売ってるので六角レンチを既に持っている方はパイプのみでも購入可能です。

 

やっぱり「専門メーカー」と言うのは強いですね!

 

PB:ローレット入り六角レンチ

六角レンチと言えばPB!と言うイメージの方も多いのではないでしょうか?

しかし今回紹介するのはPBでは珍しい丸軸です。

 

軸が六角になってるものは取り出しの時に邪魔になるサイズをよけにくいので嫌いなんですよね(笑)

なので今回PBは紹介しないつもりだったんですが、調べてみると丸軸もあったので。

 

特徴はなんといってもローレット加工

丸軸だと特に手が滑ることが多いと思いますが、ローレット加工がしてあれば滑りにくく回しやすいですね!

 

ボールポイントの角度が30度付けれるのも地味に良いですね。

他のメーカーは25度くらいが多いです。

 

Wiha:マジックリング付ボールポイント六角レンチ

 

このヴィーハの六角レンチはボールポイントに付いたマジックリングでボルトを保持できます。

コーケンのナットグリップソケットと似たような感じですね。

奥まったところで回す時には重宝します!

 

ボールポイントの底面が特徴的な形をしていて、底面が球ではなく面になっています。

そのおかげで、押し付けて回すことでボルトにまっすぐに当たってくれます。

 

しかし!私のおすすめポイントは別のところ!

 

六角レンチのホルダーです。

 

ほとんどのメーカーは六角レンチを取り出す時に他のサイズを回したりしてよけてから必要なサイズを取り出さないといけません。

しかしこのWihaのホルダーならよけることなく必要なサイズだけ取り出せます!

 

ファクトリーギアさんのブログで写真付きで分かりやすく解説してありますのでぜひそちらも読んでみてください!

 

VESSEL:レインボールL型レンチ

こちらもサイズによって色が付いていますが、少しメッキがかっていてかっこいいですね(笑)

 

一番の特徴はボールポイントの角度。

私が知ってる中では一番大きく角度をつける事ができます。その角度38度

これだけ傾ける事ができるのは珍しいと思います。

 

マグネタイザー付きで磁力を付ける事が出来るのもうれしいですね!

 

さらにうれしい永久保証!

パイプ掛けなどでの過度な使用による破損、摩耗や消耗は適用外みたいですが、それでも永久保証というのはやっぱりいいですね!

 

ちなみに交換依頼はベッセルの公式ページのハンドツールに関するよくあるご質問に書いてあります。

 

まとめ

今回はL型の六角レンチについてでした。

1つのメーカーから何種類も出てますし、かなり色々な種類があって悩みますね・・・

 

実は私も今使っている六角レンチからの買い替えを考えていますが、決めきれてない状態です(笑)

 

自分の重視するところを見極めて選ばないといけませんね。

 

 

 その他、整備士におすすめの工具は

 自己紹介と工具紹介記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です