ウミガメの車と工具の日記

現役整備士の私が車や工具の事について書いていくブログです。

硬く締まったネジや固着したネジに!おすすめのショックドライバー(インパクトドライバー)

スポンサーリンク

f:id:umigameblog1:20190729014704j:plain

こんにちは。ウミガメです。

 

固着してしまったネジや、頭が潰れかけたネジを外す方法はいっぱいあります。

工具も色々出ていますが、その中から今回は「ショックドライバー」を紹介します!

 

ショックドライバーはドライバーのお尻部分をハンマーで叩くと、ドライバーの先端が回転してネジを緩める事ができます。

 

インパクトドライバーと言ったりもしますね。

 

固着してしまったネジなんかも外せますが、私のメインの用途はドラムブレーキの固定ネジの着脱です。

 

最近の車はリヤブレーキもディスクだったり、ドラムでもネジが付いていない事も多いですが、私は割とネジ付きのドラムが入ってくるので使っています。

 

後はドアストライカーなんかの取り外しもネジが固く締まってるので持っていると便利です!

 

 

ベッセル:インパクトドライバー ソフト樹脂グリップ

ベッセルのインパクトドライバー。

 

ベッセルはホームセンターにも置いてある割と身近な工具メーカーですが、ドライバーの先端精度に関してはかなり良いです。

 

ショックドライバーは金属グリップのものも多くありますが、樹脂グリップがおすすめ。

手をハンマーで叩くのを防ぐようになっていたりもしますし、冬に冷たくないので(笑)

 

ビットも6本付いていて安心して買えるセットです。

 

ANEX:ミニインパクトドライバー No.1903

アネックスのミニインパクトドライバー。

ミニと言うだけあって、ビットがプラスのNo2しか入っていません。

 

ドラムの固定ネジをメインで考えるとNo3が欲しいので買い足す必要があります。

 

しかし、本体がかなり安いです。

Amazonで1400円程度なので買いやすい。

ビットを買い足しても2000円に余裕で収まりますね!

 

ビットが4本入ったセット(1903‐S)もありますが、そちらもプラスのNo3は入っていません。

 

ほとんど使う事はないとは思いますが、ビットの固定部を外したところが1/4の差込になっています。

他のショックドライバーはほとんど1/2の差込。

 

小さいボルトなんかを回したい時は1/4の方が使えるかもしれませんね。

 

Ko-ken:アタックドライバーセット 18ヶ組 AG112H

こちらはビットがたくさんついているセット。

プラス3個

マイナス5個

六角(HEX)4個

T型トルクス4個

と多くのビットが付いています。

 

使う事は少ないとは思いますが、困ったときに持っているのと持っていないのでは違うので数は持っておいて損はないです。

 

18ヶ組を紹介していますが、さらに多い25ヶ組もあります。

さすがにそちらは使わなそうなものが多かったので18ヶ組で十分かと思います(笑)

 

よく使うものだけ入った6ヶ組なんかもあります。

 

まとめ

以上3種類になります。

 

実際、ショックドライバーはどのメーカーでもあまり変わらないんじゃないかと思います。叩いて回るだけなので(笑)

 

違いはビットの精度だったり、グリップが樹脂か金属か、本体のサイズくらいですね。

 

持っていなくても作業はできますが、持っておいたら割と使う工具です。

ハンマーで叩くだけなので楽ですし、通常のドライバーで無理やり回すより「なめる」可能性もかなり下がるので持っておきたいですね!

 

 

その他、整備士のおすすめの工具は

自己紹介と工具紹介記事一覧