【3/8SQ・9.5mm】狭いところで活躍!TONEの超ロング首振ラチェット「RH3FHX」を紹介【おすすめ工具】

こんにちはウミガメ(@umigametool)です。

 

自動車の整備をしていると奥まったところや狭い所での作業は多いですよね。

奥の方に腕を突っ込んで作業したり、狭いスペースで少しずつボルトナットを回したり・・・

中々スペースに合う工具が無かったり、ラチェットの長さが足りなくて回しづらかったりとイライラする事もあります。

 

本記事ではそんな奥まったところや狭いスペースで活躍するTONEの超ロング首振ラチェットハンドル「RH3FHXを紹介します。

 

TONE:超ロング首振ラチェットハンドル「RH3FHX」の特徴

TONE「RH3FHX」のざっくりとした特徴を紹介します。

超ロングタイプ

RH3FHXの一番の特徴が超ロングタイプということです。

3/8差込でありながら全長が400mmを超えている物は他メーカーでも少なく、価格も他メーカーと比べるとかなり安価な為購入しやすくなっています。

 

72枚ギア

ラチェットには72枚のギアを採用。

狭い所での使用でも送り角(ギアを1山進める角度)5度で細かくラチェット機能を働かせることができます。

 

プッシュリリース機能

ソケットの脱着はプッシュリリース機能でボタンを押して行います。

ボタンを押すことで脱着がしやすいだけでなく、作業中にソケットが不意に外れてしまう事がほとんどないので安心して作業する事が可能です。

 

首振りタイプ

RH3FHXは首振りタイプのラチェットとなっています。

障害を避けやすいのはもちろんですが、首振りの角度が凹凸によりある程度固定されるため勝手に角度が変わりづらくボルトナットにアクセスしやすいです。

 

TONE:超ロング首振ラチェットハンドル「RH3FHX」の各部サイズ・重量

全長

全長は427mm

3/8サイズのラチェットとしてはかなり長めの設計になっています。

 

ヘッド部

ヘッドの外径は27.1mm

通常のサイズのヘッドをそのまま使っているため全長の割にかなりコンパクトなヘッドになっています。

TONEのラチェットのヘッドは他のメーカーと比べても特に小さめに設計されているので障害物の影響を受けにくく対象のボルトナットにアクセスしやすくなっています。

 

ヘッドの厚みは26.8mm

厚みに関しても長さを考えると薄いのではないでしょうか?

プッシュリリース付きですが、ボタンも極端に出ていないので使いやすいかと思います。

 

グリップ部

グリップ部は一番太いところで19.0mm

細めの設計になっていますが凹みがあるため指をかけやすく、狭いところでも邪魔になりにくいです。

 

シャフト部

シャフト部の太さはヘッド側が約12.0mm、グリップ側が11.0mm

パット見ただけでは分かりませんが太さが変わっているようです。

強度のためなのかデザインのためなのかはっきりとは分かりませんが、細かいところまで作り込まれています。

 

重量

重量は466g

ヘッドの小ささや全体的な細さもあって、サイズ(長さ)の割に軽量かと思います。

ただ、作業する上では極端に軽い訳でもなく特に気になる事はありません。

 

実際に持ってみたイメージ

グリップ部。

しっかりと指がかかります。

個人的には「太さはちょうどいいけどもう少し長くても良かったかな?」というところ。

 

コチラは持った時の画像です。

サイズ感のイメージとして。

 

TONE:超ロング首振ラチェットハンドル「RH3FHX」のデメリット

高トルク作業に向かない

超ロングタイプのラチェットなので、イメージするのは高トルクをかける作業です。

しかし、RH3FHXはヘッドも小さく首振りの部分も細めなのでガッツリの高トルク作業に使用するには少し不安があります。

私を含め周りにも持っている人が数人いますが、折れたりまでは聞かないもののガッツリ高トルクをかける作業には使用していないようです。

 

とは言え、固着したボルトナットや200Nm以上で締まっているようなハブナットの脱着でも無ければ足回りの作業等でも普通に使用できるかと思います。

 

万一ギアが欠けたりした場合でもリペアキットも出ているので安価で修理が可能です。

 

TONE:超ロング首振ラチェットハンドル「RH3FHX」のメリット

価格が安い

3/8SQ(9.5mm)の差込角で400mmを超える長さのラチェットとなると他メーカーで出しているのはスナップオンやマックツールくらいになります。

どちらも価格が高く、2万円程度の金額になってしまいます。

それに比べTONEのRH3FHXは希望小売価格でも12230円、大手通販サイトだと約6000円程度から購入する事が可能です。

 

スナップオンやマックのものは差込角や長さ等では近い点はありますが、それらのメーカーはどちらかと言うと高トルク作業に向いているので価格だけで簡単に比較する事はできません。

しかしそれでもTONEのRH3FHXが購入しやすい価格なのは間違いないですね。

 

ヘッドが小さい

ヘッドの外径、厚み共にかなり小さめの設計となっています。

このラチェットでのメインでの使い方である狭い所や奥まったところで使用する場合はヘッドの大きさも重要になってきますが、「このヘッドだから入った」という事も少なくないかと思います。

 

TONE:超ロング首振ラチェットハンドル「RH3FHX」の使用用途

ベルト交換・エンジンルーム内作業

一番使用するのはエンジンルーム内の作業かと思います。

特にベルト交換では角度も調整できて長さも丁度良いことが多くとても使いやすいです。

オートテンショナーだと張りを緩めるのに結構力が必要だったりしますが、超ロングタイプなので簡単に緩める事ができ、ヘッドも小さいので使用できる車種も多いです。

 

もちろんベルト交換の先の作業、ウォーターポンプなどの補器類の脱着やタイミングベルト交換でも使用する事ができます。

 

足回り部品脱着

極端な高トルクを掛けなければ足回りや下周り等の部品にも使用する事ができます。

ハブナットなどは200Nmを超えるような高トルクで締まっている事もありますが、実際そこまで強い力で締まっていない場所も多いですよね。

ある程度のトルクは必要だけど1/2のラチェットだと大きかったり重かったりで作業性が悪い時には「RH3FHX」はちょうど使いやすいラチェットになるかと思います。

 

TONE:超ロング首振ラチェットハンドル「RH3FHX」の関連商品

リペアキット:RK-RH3FH

ヘッド部のリペアキットです。

ラチェット自体も安いですが、ヘッド内部が破損したり調子が悪くなった場合はさらに安価で修理する事が可能です。

大手通販サイトでは2~3000円程度で購入する事ができます。

 

1/2SQ(12.7)差込のRH4FHX

1/2SQのサイズではさらに長い628mmのラチェットがラインナップされています。

こちらも他メーカーに比べるとかなり安く、大手通販サイトでは約7000円程度から購入する事ができます。

ヘッドやシャフトも3/8SQのRH3FHXと比べ太く大きくなっているのでさらに高トルクが必要な場合はこちらの1/2SQのものを使用すれば安心して作業可能です。

 

TONE:超ロング首振ラチェットハンドル「RH3FHX」のレビューまとめ

本記事ではTONEの「RH3FHX」について紹介しました。

3/8SQ(9.5mm)差込では長さやヘッドの小ささを考えると他にない唯一無二の工具かと思います。

 

デメリットとして「大きすぎるトルク作業には向かない」と書いていますが、実際このラチェットでできないような高トルク作業は1/2SQ(12.7mm)のラチェット等を使う事になるかと思います。

要は使い分けですので使用する場面を間違わないように使っていただければかなり活躍する工具です。

 

使いやすく便利なラチェットなので、ラチェットの候補にどうぞ!

 

その他、整備士のおすすめの工具は

自己紹介と工具紹介記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です