ベッセルの電ドラボール(電動×手動ドライバー)はかなり使えそう!

本記事は編集中です。

近いうちに書き終わると思いますのでまた見に来ていただけると嬉しいです。

書き終わった時はツイッターの方で報告しますのでツイッターのアカウント(@umigametool)をフォローしてもらえると嬉しいです。

 

 

こんにちは。ウミガメ(@umigametool)です。

 

VESSEL(ベッセル):電ドラボールPlusのデメリット

付属のドライバービットが使いづらい

ベッセルはドライバーで有名な工具メーカーです。

他の人気メーカーと比べても精度は劣らず、価格も安いことからベッセルのドライバーはかなり人気が高くなっています。

 

しかし、電ドラボールの付属ビットはあまり精度が良いとは言えません。

実際に使用してもカムアウト(ネジの頭からドライバーが外れる)しやすい印象です。

付属のビットはおまけ程度で考え、別で用意した方が気持ちよく使用できます。

 

私はWeraの両頭インパクターダイヤモンドビットがおすすめですね。

さすがのWeraとといった感じで安心して使用できます。

 

 

グリップ部が汚れやすい

電ドラボールPlusのグリップには滑り止めのためと思われる溝が施されています。

もちろん手動で回すときなどは滑りづらく持ちやすいので、性能としてはメリットが多いです。

 

しかし、使用しているとその溝が汚れてきます。

汚れるまでは良いんですが、その汚れを中々きれいに取るのが難しいんですよね・・・

 

汚れを気にしない人や車内専用として汚れにくい環境で使う人には問題ありませんが、私のように汚れが気になる方は注意が必要です。

 

スライドスイッチ

電ドラボールPlusにはスライドスイッチが採用されています。

先端側にスライドさせると右回転(締め方向)、グリップ側にスライドさせると左回転(緩め方向)となっています。

スイッチの中央には少しだけ出っ張りがあり指がかかるようになっていますが、それでもボタンタイプのスイッチと比べると使いづらい印象です。

 

持ち運びが多い方(電気工事関係など)はホルダーやバッグなどに入れる事も多いと思うので、そういった時には誤作動が少なくてメリットになるポイントですね。

 

VESSEL(ベッセル):電ドラボールPlusの特徴・メリット

電動・手動どちらでも回すことができる

電ドラボールに限った事ではありませんが、電動・手動のどちらでも回せるハイブリッドドライバーはやはり便利です。

自動車整備で言うと

・内装関係

・オーディオ関係

・バンパー交換

などなど、使用する場面はかなり多いです。

 

基本的にはプラス2番のビットを使用するかと思いますが、ソケットビット(ボックスビット)などを使用することでさらに使用場面は増えるかと思います。

ハイブリッドドライバーは単純に便利な工具なので持っておきたいですね。

 

回転スピード・締め付けトルクを選択できる

電ドラボールPlusは回転スピードと締め付けトルクを選択できるようになっています。

モードは3種類で

低速:280回転/1.2Nm

中速:340回転/1.6Nm

高速:400回転/2.0Nm

となっています。

 

私が使用した感じでは中速くらいが使いやすかったですね。

高速がトルクも強くスピードも速いので作業スピードも上がりますが、締め終わった時にしっかり持っておかないと滑ってしまう事がありました。

 

 

手動トルク12Nm

微妙に嬉しいのが手動トルクが12Nmという事です。

ハイブリッドドライバーは中身がモーターなどの機械になっているのであまりトルクをかけることができません。

手動トルクは10Nm以下のものが多く、電ドラボールの旧モデルも10Nmでした。

 

微妙な違いではありますが、強度が上がったことは嬉しいポイントですね。

 

USBタイプC

電ドラボールPlusは充電部にUSBのタイプCを採用しています。

一般的には「mini USBタイプB」や「Micro USBタイプB」が多く採用されている印象です。

 

タイプCはタイプBに比べ上下の向きを気にしなくて良いので、充電する際に差込部を確認する必要もありません。

微妙なポイントですがストレスが減るのは良いですね。

 

他に使用しているもの(ライトや携帯、カメラ等)がタイプCじゃない場合、ケーブルが統一できない場合もあります。

そういう時は1本で複数の規格に対応したケーブルを持っておけばケーブルもごちゃごちゃならずにスッキリするかも。

 

VESSEL(ベッセル):電ドラボールPlusのサイズ・重量等

全長

 

重量

 

グリップ径

 

VESSEL(ベッセル):電ドラボールPlusと旧モデルの比較

デザイン

 

サイズ

 

充電ケーブル・差込部

 

 

VESSEL(ベッセル):電ドラボールPlusのレビューまとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。