ウミガメの車と工具の日記

現役整備士の私が車や工具の事について書いていくブログです。

初心者の方からプロまで!工具好き自動車整備士がおすすめのトルクレンチと使い方を紹介!

スポンサーリンク

こんにちは。ウミガメ(twitter:@umigametool)です。

 

今回は整備士はもちろん、初心者(サンデーメカニック)の方でも絶対に持っておきたい工具「トルクレンチ」を紹介します!

 

トルクレンチは色々なサイズ、対応トルクのものがありますが、自動車で一番使用するのはホイールナットの締め付けかと思います。 

ですので今回はホイールナットの締め付けに丁度いい対応トルクのものを紹介していきます。

 

基本的に対応トルクが違っても同じメーカーのものなら同じ精度が出ているので他のトルク幅のモノを欲しい方は同じシリーズのモノを買っていただけたらと思います。

エンジンの整備やバイクなど、自分の必要なトルク幅を選んでください。

 

関連記事:ホイールナットにトルクレンチは必要?間違った使い方や必要性を解説

 

 

トルクレンチとは

トルクレンチは「ボルトやナットを決められたトルク値(力)で締め付ける為の工具」です。

 

トルクレンチには種類があります。

プリセット(プレセット)型

決められたトルク幅の中で、締め付けたいトルクを設定して使用します。

設定はグリップ部やグリップエンドを回して行う事がほとんどで、設定したトルク値まで締め付けると「カチッ」っと音が鳴り、振動が伝わります。

 

現在ではほとんどの整備士がこのタイプを使っていて、実際に売ってある物も多いので手に入りやすいです。

 

ビーム式、ダイヤル式

これらのトルクレンチは締め付けていくと針が動き、締め付けたいトルク値まで針が動いたところで手を止めます。

トルク値を設定する必要がなく、締め付けの途中でもその時点でどれくらいのトルクで締め付けているのかを見ることができます。

 

針なので細かいトルクが見づらく、目標トルク付近になると慎重に力を入れる必要がある為少し時間がかかり神経を使います。

今個人で使っている人は少ないタイプですね。

 

デジタル式

最近増えているデジタル式。

設定したいトルク値を記憶させ、使う時は記憶させたトルク値から選んで使用します。

 

設定トルクまで締め付けると音や振動などで使用者に知らせてくれます。

締め付けトルクのデータを取り出すことができるタイプもあります。

 

最近増えてきていますが、まだまだ使用者は少ないです。

 

単能式

単能式はトルクを設定できません。

出荷時からトルクを設定してあり、そのトルク値でのみ使用できます。

 

使用用途がしっかり決まっていればトルク値を設定する手間や時間を短縮できるというメリットがあります。

しかし価格が飛びぬけて安い訳でもなく他のトルク値で使用する事もできないので単能式を購入するメリットは小さいです。

 

 

初心者向け

E-Value

しかし長く使っているとトルクが表示と実測でズレてくると思います。

仕事で使用する方は使わない方がいいでしょう。

 

時々車いじるくらいの初心者向け。

ソケットも付いてるので安くて良いと思います。

 

SIGNET

シグネットのトルクレンチ。

1万円前後で購入できて精度が3%と言うのはかなり安く、コスパ的にはかなり良いかと思います。

 

実際に使ったことがありますが

・トルク値の設定はやりやすいが、ハンドルを回す回数が多い

・設定値に達したときの「カチッ」が少し小さい

と感じました。

 

プライベーターの方で「安くてある程度信頼できるモノを欲しい」という方にはおすすめです。

 

 

プロの整備士向け

STAHLWLLE

スタビレーはトルクレンチを発明したメーカーですね。

正直めちゃくちゃ高いです(笑)

通常トルクレンチは2万~3万程度で良い物が変えますが、スタビレーは4万円を軽く超えます。

 

基本的にトルクレンチは1度使ったらその度にトルク設定を最低値に戻さないといけません。

これはスプリングを使用してトルク管理を行っているので、そのままにしておくとスプリングに癖がついてしまってトルクがズレてしまうからです。

 

しかしスタビレーは板ばねとベクトルループと言う仕組みを使っていて、力をかけた時にしか負荷がかかりません。

ですので設定をいちいち戻す必要がありません

 

このサイズのトルクレンチはホイールナット締め付けに使用する事がほとんどだと思います。

それならトルクは設定したままにしておいた方が断然楽ですよね?(笑)

違う用途に使用する時だけ設定値を変更すれば良いので。

 

さらに、ヘッド部分を取り外して交換することが出来るのでスパナタイプやメガネタイプに交換する事も出来ますし、裏返しに取り付ければ逆ネジにも対応できます!

 

通常のタイプとクイックタイプがありますが、クイックタイプならトルク値の設定が一瞬でできるのでさらに使いやすくておすすめです。

 

Wera

 

目盛りがかなり見やすく、トルク設定の時のグリップも回しやすいのでトルク設定がやりやすいです。

目盛りの見やすさで言うとWeraが一番かと思います。

 

ヴェラ特有の粘度を握りしめたようなグリップ形状で持ちやすく、力が入りやすいです。

 

デザインも黒ベースでかっこいいですね!

 

価格は安くはないですが、イチオシです!

 

東日製作所

トーニチ。私が使用しているトルクレンチです。

安心の日本製!

 

私が買ったときは目盛りが見やすくて選んだんですが、今となっては他のメーカーでも見やすい目盛りのものが多くなりました。

 

しかし、精度はかなり良いです。

測定精度±3%ということで、スタビレーやWeraのトルクレンチと同じ精度ですね。

 

さらに東日はトルク機器の専門メーカーなのでトルクレンチはかなり信頼できます。

 

それでいて価格が2万円程度と他メーカーに比べると安いです!

整備士の方でコスパ重視の方はトーニチがおすすめ!

 

 

トルクレンチの使い方・注意点

ダブルチェック厳禁

ダブルチェックとは「カチッ!カチッ!」と2回確認することですね。

トルクレンチは1回「カチッ」と鳴らせば設定のトルクで締まりますが、2回以上行うと設定したトルクを超えて締まってしまいます。

 

特にエンジンを組んだりする時は規定トルクも小さく、少し締めすぎただけでボルトが折れたりネジ山を切ったりという事に繋がります。

「トルクレンチでの締め付けを行ったかどうかを忘れた」時などは仕方ありませんが、極力行わないようにしましょう。

 

使い終わったら目盛りを対応トルクの最小値に戻す

現在多く使われている「プリセット型」のトルクレンチは中に入っているバネでトルクを調整しています。

使い終わってトルク設定をそのままにしておくと、バネが伸びたり癖が付いたりして正確なトルクでの締め付けができなくなってしまいます。

 

間違いがちなのが「最小値に戻す」という事。

「最小値以下」ではなく「最小値」です。

40~200Nmなら40Nmに。2~20Nmなら2Nmに合わせて保管します。

 

グリップをしっかり持ち、ゆっくり締め付ける

トルクレンチは使用方法でも締め付けトルクが変わってしまいます。

 

「グリップ」と一言で言ってもグリップエンド付近だったり、先端に近いところだったりと持つ位置の微妙な差で締め付けトルクが変わります。

 

持つ位置はグリップの中心、一番持ちやすいところです。

トルクレンチによっては持つ位置に目印が付いている物もあります。

 

また、勢いよく締め付けてしまうとトルク値が変わります。

急いでいる時でも焦らずにゆっくり締め付けてください。

 

逆(緩め方向)回し厳禁

トルクレンチはヘッド部分が通常のラチェットと同じような形状になっている物が多いです。

しかしプリセット型トルクレンチの構造上、逆方向へ回してしまうと精度がかなり落ちてしまいます。

 

トルクレンチは精密測定工具なので、間違った使い方で精度を落としたり壊してしまったりしないよう正しい方法で使用しましょう。

 

確認用ではなく締め付ける工具

よく言われるのが「トルクレンチは確認用の工具」

大きく間違っている訳ではありませんが、考え方が違います。

 

例えば100Nmで締め付けないといけないホイールナットをインパクトレンチで150Nm程度で締め付けてから100Nmに設定したトルクレンチで締め付けても意味がありません。

 

正しくい使い方としては規定値より弱いトルク(70~90Nm程度)で締め付けてから、トルクレンチで100Nmになるように締め付けます。

 

「設定のトルクより大きなトルクで締まっているかを確認する工具」ではなく、「設定したトルクで締め付ける工具」という事です。

 

 

まとめ

初心者の方はできればシグネット、プロの整備士の方は紹介した3種類なら全て信用できるので好みで選んで頂いて良いかと思います。

 

今回紹介した「スタビレー」「Wera」のトルクレンチについてはコチラでも写真付きで紹介していますので一緒にどうぞ。

 

関連記事: HAZET×DEEN、スタビレー、Weraのトルクレンチを比較してみました

 

トルクレンチは作業の一番最後にしっかり既定のトルク値で締めるための工具です。

最終作業を信頼できない工具でやっていたら意味がありませんよね?

 

自分の予算内で出来るだけ信頼できるものを買いましょう!

 

 

 

 

その他、整備士のおすすめの工具は

自己紹介と工具紹介記事一覧