ウミガメの車と工具の日記

現役整備士の私が車や工具の事について書いていくブログです。

【スポンサーリンク】

自動車整備士におすすめの工具・トルクレンチ

スポンサーリンク

こんにちは。ウミガメ(twitter:@umigametool)です。

 

今回は最初に揃える工具の一つ、トルクレンチについて。

整備士として仕事を始めて、最初は先輩の手伝いとかでタイヤ外したり増し締めしたりしますよね^^

 

とは言ってもトルクレンチはずっと使う工具ですし、毎日何度も使う工具です。

ミスが無いかの最終チェックとも言える作業ですので信用できないトルクレンチで締め付けても意味がありません。

 

良いものを買って長く使いましょう!

 

関連記事:ホイールナットにトルクレンチは必要?間違った使い方や必要性を解説

 

 

トルクレンチは「この商品!」と言うより「このメーカー!」というイメージです。

もちろん同じメーカーから何種類も出てますが対応トルク範囲以外は大きな違いは無く、「このメーカーなら信用出来る」という風な感じで考えて大丈夫かと思います。

 

ですので今回はメーカーごとに紹介します。

一応商品も載せていきますが自動車のホイールナット締め付けに適したトルクの物を紹介していきます。

購入する際は使用用途に応じて探してください。

 

 

 

STAHLWLLE

スタビレーはトルクレンチを発明したメーカーですね。

正直めちゃくちゃ高いです(笑)

通常トルクレンチは2万~3万程度で良い物が変えますが、スタビレーは4万円を軽く超えます。

 

なぜおすすめなのか。

もちろん発明したメーカーで安心感があるというのもあります。

しかしおすすめポイントは「楽さ」です。

 

基本的にトルクレンチは1度使ったらその度にトルク設定を最低値に戻さないといけません。

これはスプリングを使用してトルク管理を行っているので、そのままにしておくとスプリングに癖がついてしまってトルクがズレてしまうからです。

 

 

しかしスタビレーは板ばねとベクトルループと言うものを使っていて、力をかけた時にしか負荷がかかりません。

ですので設定をいちいち戻す必要がありません

 

ホイールナット締め付けに使うトルクレンチなんてほとんどホイールナット締め付けに使用する事がほとんどだと思います。

それならトルクは設定したままにしておいた方が断然楽ですよね?(笑)

 

さらに、ヘッド部分を取り外して交換することが出来るのでスパナタイプやメガネタイプに交換する事も出来ますし、裏返しに取り付ければ逆ネジにも対応できます!

 

 

通常のタイプとクイックタイプがありますが、クイックタイプならトルク値の設定が一瞬でできるのでさらに使いやすくておすすめです。

 

 

 

東日製作所

トーニチ。私が使用しているトルクレンチです。

安心の日本製!

 

私が買ったときは目盛りが見やすくて選んだんですが、今となっては他のメーカーでも見やすい目盛りのものが多くなりました。

 

しかし、精度はかなりいいです。

測定精度±3%ということで、スタビレーやWeraのトルクレンチと同じ精度ですね。

 

この精度なのに価格は2万円程度で買えるのでかなりお得。

スタビレーと比べると半分以下の価格ですね。

 

 

 

Wera

ドライバーで有名なヴェラのトルクレンチ。

 

 

 

目盛りがかなり見やすく、トルク設定の時のグリップも回しやすいのでトルク設定がやりやすいです。

 

グリップもヴェラ特有の粘度を握りしめたような形状で持ちやすく、力が入りやすいです。

 

デザインも黒ベースでかっこいいですね!

 

価格は安くはないですが、イチオシです!

 

 

 

SIGNET

シグネットのトルクレンチ。

他と比べると信用度は少し落ちますが圧倒的に安いですね。

 

こちらも使ったことありますが、トルク設定が面倒なんですよね・・・

他のトルクレンチに比べると圧倒的に回す量が多いです(笑)

 

まぁ安価なのでそこは我慢か・・・?

 

 

 

E-Value

E-Value

とにかく安い

しかし長く使っているとトルクが表示と実測でズレてくると思います。

仕事で使用する方は使わない方がいいでしょう。

 

時々車いじるくらいのプライベーター向け。

ソケットも付いてるので安くて良いと思います。

 

 

 

まとめ

安く抑えたい人はシグネット。

信頼出来るものを求める人はトーニチ、ヴェラ。

使いやすさ、精度、すべてを求める人はスタビレー。

って感じでしょうか?

 

 

今回紹介した「スタビレー」「Wera」のトルクレンチについてはコチラでも紹介していますので一緒にどうぞ

 

関連記事: HAZET×DEEN、スタビレー、Weraのトルクレンチを比較してみました

 

トルクレンチは作業の一番最後に最終確認するための工具です。

自分の予算内で出来るだけ良いものを買いましょう!

 

 

 

 

その他、整備士のおすすめの工具は

自己紹介と工具紹介記事一覧