ウミガメの車と工具の日記

現役整備士の私が車や工具の事について書いていくブログです。

安いワークライトを使ってみました。自動車整備には使いやすそうです!

スポンサーリンク

こんにちは。ウミガメです。

 

気になっていたライトを購入しました。

 

先輩が(笑)

 

先輩の使っているライトが壊れかけばっかりだったので、購入を勧めたら買ってくれました。

今回購入してもらったライトはコチラ

関連記事:自動車整備士におすすめの工具・ワークライト(作業灯)その2

 

ワークライトの記事で紹介していたものです。

 

 

 

 

入っている内容

f:id:umigameblog1:20190119013618j:image

 

入っているのは

・ライト本体

・充電器

のみです。

 

充電器はコンセント部分が付いていないので必要な方は別で購入が必要です。

まぁ100均にも売ってあるので問題にはならないかと思います。

 

ちなみに充電する場所はここ。

携帯なんかに使われているUSBなのでもし充電器を無くしても簡単に買えるし、持っている方は代わりに使えます。

f:id:umigameblog1:20190119013626j:plain

 

 

フック・マグネット

f:id:umigameblog1:20190119013652j:image

 

ライト先端にはフックが付いています。

S字とかのフックになっていたら引っかけやすいんですが・・・

このフックは使いづらいかもしれませんね。

 

サブ的な感じで考えましょう。


f:id:umigameblog1:20190119013644j:image

 

底部にはマグネットが付いています。

角度をつけられるようになっているので、自動車の鉄部分にくっつけて照らしたい方向に調節することができます。

f:id:umigameblog1:20190119031231j:image

ライトを固定して使う場合はコチラのマグネットがメインになるかと思います。

 

 

 

ライト性能

f:id:umigameblog1:20190119013700j:image
f:id:umigameblog1:20190119013635j:image

 

ライトの明るさは無段階で調節できます。

最大にするとかなり明るいです。

 

明るすぎて白飛びしちゃう場合なんかには丁度いい明るさに調整して使えますね!

 

先輩は明るさを調節できるライトが良かったらしく、この点はかなり満足している様子でした。


f:id:umigameblog1:20190119013631j:image

 

ちなみに調整はこちらのダイヤルを回転させてやります。

 

 

 

サイズ

f:id:umigameblog1:20190119013611j:image

全長は約38cm

ワークライトとしては普通のサイズ。

 

グリップの部分は持ちやすいように(?)太くなっていますが、ライト部分は薄くなっています。

ライト部分の厚みは15mm無いくらいなので狭い隙間にも入れる事ができます。

 

自動車整備ではドアの内張の隙間にライト入れたり、エンジンルームの隙間に入れたりと、狭いところに入れる事は少なくないです。

 

ライト部分が薄くなっているのはかなり使いやすそうですね!

 

 

 

価格

イチオシポイント!

気になる価格ですが、Amazonで1500円程度と激安です!(笑)

(2019年1月現在)

 

ライトはどんどん価格が下がっていて、探してみるとかなり安価で良い物が手に入ります。

その中でもこのライトは安くて使いやすそうです。

 

 

1500円程度ならもし壊れてしまっても「安いから」で済ませる事ができますよね(笑)

ライトは精度が必要な工具じゃないのでしっかり照らしてくれれば安いモノでも問題ないです。

 

 

 

まとめ

かなり安いので買いやすいライトです。

無段階調整も使いやすそうで、ライト部分が薄いのも良いですね!

 

しかし、私としては明るさの調整は必要ないです。

購入した先輩は調整できるタイプが欲しかったようなので、そこは好みですね。

 

 

1つめのライトを探している方はとりあえず買ってみて、使い心地を確かめてみるのも良いですね。

使っていたら「こんなライトがいい」と思う事もあると思います。

安いので試しに買うライトにも丁度いいです。

 

 

ライトを探している方、気になった方はぜひ使ってみてください!