【PUMA】かっこよくて履きやすい!プーマのセーフティシューズFuse Motion2.0を紹介【おすすめの安全靴】

こんにちは。ウミガメ(@umigametool)です。

 

自動車整備士としてはもちろん、仕事を行う上で使う事の多い「安全靴」。

色々な安全靴(セーフティシューズ)が各メーカーから発売されていますが、本記事ではPUMA(プーマ)のセーフティシューズである「PUMA SAFETY」から「Fuse Motion2.0ヒューズモーション2.0」を紹介します。

※本記事では分かりやすくするために「安全靴」という表記を使用していますが、厳密にはJIS認定を受けていない為「セーフティシューズ」になります。

 

PUMA SAFETY「Fuse Motion2.0」の特徴を簡単に紹介

グラスファイバーで強化した合成樹脂先芯

グラスファイバーで強化した合成樹脂先芯を採用する事で、一般的なスチール先芯に比べるとかなり軽量で耐熱性や耐磁性も兼ね備えています。

ゴム紐

通常の靴ひもと違い、ゴムのひもを採用しています。

土踏まずや足の甲部分である程度締め付けてくれるので靴がしっかり足に固定され、動きやすいです。

また、長さの調整もワンタッチで出来るので楽です。

 

優れたクッション性

足が接地した時に発生する衝撃を足を上げる力に変換します。

その優れたクッション性と安定性は履き続ける事で起こる疲労を軽減します。

PUMA SAFETY「Fuse Motion2.0」の外観

正面

正面から見た画像です。

一番目に入る角度ですね。

 

特徴的なのは靴ひもがゴムになっているところです。

私は今までゴムひもを使ったことが無かったんですが意外と使いやすく、履く時は程よく伸びて開くことができますし、履いている時はある程度締め付けて足に固定してくれます。

側面(内側・外側)

内側も外側もほとんど同じデザインですが、外側のつま先(小指部分)に付いているPUMAのロゴマークがオシャレですね。

縫い目がほとんどないシームレス構造で、快適性だけではなく耐久性も良くなっています。

後ろ側(かかと側)

かかと側にもロゴマークが入っています。

座った時などに作業服の裾からチラッと見えたらカッコいいですね。

PUMA SAFETY「Fuse Motion2.0」の耐滑性、靴底

安全靴で重要なのが耐滑性(滑りにくい性能)です。

実際にしばらく履いて試してみましたが、ほとんど滑る事はありません

 

ただ、側溝のフタやタイルなどが雨や水で濡れている場合は滑る可能性があります。

普通に歩いているくらいでは滑らないと思いますが、走ったりする場合は注意が必要ですね。

PUMA SAFETY「Fuse Motion2.0」の靴紐調整方法

PUMA SAFETY「Fuse Motion2.0」の靴紐(ゴム紐)の調整は結ばずにボタンひとつで行えます。

通常の結ぶタイプと比べると楽に調整する事ができます。

 

紐が長い場合は紐をカットする事で余分なゴム紐を調整します。

(上の画像のように一番上の穴まで紐を通してあるのでそのまま履くと少しキツイかと思います。一つ穴から抜くとだいぶ紐が余ってしまうのでカットした方が履きやすくなります。)

 

ゴムひもも使ってみると使いやすいですが、どうしても通常のひもが良いという方には交換用のひもが入っています。

赤色のゴムひもとは違い、色は黒色になりますが通常のひもが良い方でも買いやすいですね。

PUMA SAFETY「Fuse Motion2.0」の重量

安全靴は先芯が入っているため重量が重くなりがちです。

しかし、PUMA SAFETY「Fuse Motion2.0」は上で書いたように新開発の合成樹脂先芯を使用する事でかなり軽量に作られています。

画像のように片側約450gしかありません。(サイズ26.5cm)

 

重いものだと片足1キロ近くの重量になってしまいますが、そういうものと比べると片足で約0.5キロも軽くなっています。

仕事で日中8時間以上履いて歩きまわると考えると0.5キロの違いで疲れ方は全然違ってきます。

(両足に約0.5キロずつ重りを付けてるのをイメージすると違いが分かりやすいかと思います。)

 

安全靴は毎日長時間使うものなので、軽量で疲れにくいものを選びたいですね。

 

PUMAの「Fuse Motion2.0」以外のセーフティシューズ

本記事では私が購入した「Fuse Motion2.0」をメインに紹介していますが、PUMAからは他にも安全靴が販売されています。
大きく分けると
・モーションプロテクト
・エレメンタルプロテクト
・アーバンプロテクト
の3つのシリーズがあり、「Fuse Motion2.0」はモーションプロテクトに含まれます。
 
どのシリーズが良いとは一概には言えませんが、エレメンタルプロテクトは幅広・甲高と言われる日本人の足に合わせて開発されたシリーズ(4E)なので「指周りがキツイ」「足の甲部分はゆったり目が良い」と言う方には良いかもしれませんね。
(ちなみにFuse Motion2.0は3E相当です)
 
エレメンタルプロテクトは
Relay(リレー)
Marathon(マラソン)
Sprint(スプリント)
Rider(ライダー)
Impulse(インパルス)
の5種類があります。
 
気になる方はそちらも見てみてください。

PUMA SAFETY「Fuse Motion2.0」のレビューまとめ

実際に使ってみてPUMA SAFETY「Fuse Motion2.0」の良かったポイントは

・軽量

・幅広設計

・ゴム紐で楽に脱ぎ履き、しっかり固定

・抜群のクッション性

です。

 

特にゴム紐は長く使用しても靴の横幅が広がって(伸びて)きて紐の調整をやり直したりする事もほぼありませんし、ある程度の締め付けで足にフィットするのでとても履きやすく感じました。

デザインも黒と赤でどんな服にも合いやすく周りの人からの評判も良かったです。

(ちなみにFuse Motion2.0は黒と赤の「レッドロー」と紺と黄色の「ブルーロー」の2色があります。)

 

安全靴としては安いとは言えない価格ではありますが、履きやすく疲れにくいので満足できる靴かと思います。

気になった方はぜひ履いてみてください。

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です