自動車整備士におすすめの工具・超ロングラチェットメガネレンチその2

こんにちは。ウミガメ(@umigametool)です。

 

先日工具屋さん巡りしてきたときに、ずっと確認したかった工具を実際に見て確認してきました。

 

超ロングラチェットメガネレンチです。

 

この記事で纏めたことがありましたが、実はそれ以外にも出しているメーカーってあるんですよね。

 

上の記事では

・KTC

・TONE

・TOP

・Pro-Auto

の4メーカーを紹介しています。

 

今回確認してきたのは

・SK11

・ストレート

の2メーカーです。

 

 

上4つのメーカーは前の記事を確認していただくとして、今回はSK11とストレートの2メーカーについて書いていきたいと思います。

SK11

 

安いです。

前の記事で紹介したものより安いかな?

 

SK11は他の工具で使っているものもありますが、私のイメージでは「精度が低い」ですね。

やっぱりKTCやTONEなどに比べると見劣りしてしまいます。

 

前の記事ではTOPの物をイチオシしてましたが、TOPも精度に関しては高くないと思います。

 

形状はTOPと同じ

・正転逆転の切り替え無し(裏表で使い分け)

・ラチェット側、両面ともつば付き

ですね。

 

ギアは酷く固い訳でもありませんが、軽くもありません。

超ロングラチェットメガネの中では中間くらい。

 

首振り部は締め付け可能(トルクス)。リペアがあるかは不明。

 

サイズは8、10、12、13、14、17、19

これだけあれば十分ですね。

 

 

STRAIGHT(ストレート)

 

こちらも安い。

恐らく超ロングのラチェットメガネレンチでは最安値です。

 

形状はこちらもTOPと同じ形状。

精度も同じくらいじゃないでしょうか?

 

こちらはギアが軽いです!使いやすそう!

こちらも首振り部は締め付け可能(トルクス)。リペアがあるかは不明。

 

ストレート最高か?と思っていたら意外な落とし穴が・・・

 

サイズが12、14、17、19しかありません。

19より10が欲しいんですよね・・・

 

 

しかし、よく考えてみると10ってそこまで使いません。

19よりは欲しいけど絶対必要かと言われると微妙。

12、14、17があれば十分な気もしますね(笑)

 

12、14、17の3本のみで良い方や19の方が使いそうって方はストレートが安くていいかもしれませんね。

 

6か月の保証が付いてるのも良いです。

 

 

まとめ

今回は超ロングラチェットメガネについての追加記事でした。

私的にはストレートに10があれば一番良かったんですが惜しかったです(笑)

 

今12、14の首振り機能が壊れてるので買い替えたいんですが悩みますね。

使ったことがないメーカーを使ってみたくもありますが・・・

 

新しく購入したり、紹介していないメーカーの物を見つけたらまたブログで紹介しようと思います!!!

 

 

 

その他、整備士のおすすめの工具は

自己紹介と工具紹介記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です