アストロのラウンドヘッド(スイベル)ラチェットを購入・使用しました。スナップオンやマックツールと比較!

こんにちは、ウミガメ(@umigametool)です。

 

先日の休みの日に少しだけ予定前に時間が空いたのでアストロプロダクツに行ってきました。

何を買いたいわけでも無かったんですが、セールコーナーを見ていると気になっていた「ラウンドヘッドラチェット」がセール対象になっていました。

 

前から試しに使ってみたいと思っていたんですが、通常3300円が2500円になっていたので勢いで購入してきました(笑)

 

今回はサイズ感や少し使ってみた感想を書いていきたいと思います!

アストロプロダクツ:ラウンドヘッドラチェット

こちらが今回購入したラチェットです。

他メーカーでは「スイベルラチェット」と呼ばれることが多いですね。

 

ヘッド部分

f:id:umigameblog1:20190515011016j:image

ヘッドはプッシュリリース付き。

中央の赤い部分ですね。

 

ソケット類の脱着が楽にできますし、作業中に取れる心配もほぼ無いのでプッシュリリースを好む方は多いです。

 

赤いプッシュボタンの周りの黒いところを回して正逆の切替えを行います。

個人的には切替えはスナップオンがやりやすいと思っているので、プッシュリリースも含めて考えるとヘッドに関しては「絶対にどちらが良い!」とは言い切れません。

 

グリップ部分

f:id:umigameblog1:20190515011036j:image

グリップはかなり小さめです。

握るとほぼ全部が手に隠れるくらいの大きさ。

 

もう少し大きい方が使いやすいとは思いますが、奥まったところ・狭いところでは邪魔になる事もあるので小さいグリップを好む方もいらっしゃいますね。

 

サイズ感

f:id:umigameblog1:20190516011959j:image

全長は270mmです。

 

スイベルラチェットで整備士の方がよく使うスナップオンとマックのスイベルラチェットは

スナップオン:318mm

マックツール:305mm

となっているので結構短いです。

f:id:umigameblog1:20190516011952j:image

ちなみにグリップ部分は約90mm。

グリップ部分を大きいモノに変えればスナップオン、マックと近い長さになります。

 

Snap-on、MAC TOOLSと比較

実際にそれぞれのラチェットの違いを比較していきます。

 

長さ(全長)

f:id:umigameblog1:20190515235659j:image

上からスナップオン、マックツール、アストロです。

 

並べてみると長さの違いがはっきりわかります。

マックとはグリップの長さが違うだけでシャフト部分は同じ長さですね。

 

マックとアストロのヘッドの違い

f:id:umigameblog1:20190515235652j:image

よく似てると言われるマックとのヘッド比較。

 

似ていますが、正逆の切替え部分が少し違います。

マックの方が大きな凹みがあるので指が引っかかりやすく回しやすい(切り替えやすい)です。

 

前にフリマアプリでアストロのラチェットにマックのグリップを付けて出品されているのを見かけましたが、ヘッド部を見ればすぐにわかります。

 

アストロのグリップを交換した場合

f:id:umigameblog1:20190515235715j:image

マックの交換用グリップを持っていたのでイメージの為に並べてみました。

2番のグリップを付けるとマックのものと長さもほぼ同じになります。

 

実際に使用するならグリップは差し替えた方が良いかと思います。

アストロのグリップは小さいので力を入れづらいですし、長さが長くなることでトルクもしっかりかける事ができますね。

 

ヘッド部の厚み

f:id:umigameblog1:20190516193715j:image
f:id:umigameblog1:20190516193711j:image
f:id:umigameblog1:20190516193724j:image

上からスナップオン、マックツール、アストロです。

スナップオンが30.2mmで一番薄いです。狭いところで使いやすいですね。

 

マックとアストロは同じかと思っていましたがほんの少しだけマックが薄いですね。

 

実際に使用しての感想

ほんの少しですが、実際に使用してみました。

簡単に感想を書いていきます。

 

長さ

いつもスナップオンを使っていますが、結構短く感じます。

上にも少し書きましたがグリップを差し替えたら少し長くなるので違和感もほとんどなくなるかと思います。

 

プッシュリリース

スイベルタイプのプッシュリリースは初めて使いましたが、かなり使いやすいです。

特にスナップオンのラチェットはソケット類がかなりがっちりとハマるので、それと比べると作業が楽になった気がしました。

 

正転逆転の切替え

予想してたよりは良いですが、やはりここはスナップオン、マックがやりやすいです。

個人的にはスナップオン>マック>アストロ

しかし慣れてくれば手間取ることも少なくなりそうなのであまり気にしなくても良いかもしれません。

 

強度・耐久性

一番気になるポイントはここですね。

やはり使っている方の評判を見聞きしていると壊れる事が多いようです。

 

一度目の使用でトルクをかけた時に「パキッ」とギアがズレたので歯が欠けたのかと思いましたが、その後普通に使用できているので欠けたわけではなく滑っただけのようです。

 

その後アストロの方に聞いてみましたが、アストロで販売しているラチェットは本締めには対応していないそうです。

クレームからの逃げ道的な文言だとは思いますが、このサイズで本締めできないと言われるのはちょっと・・・という感じですね(笑)

 

私は結構トルクをかけて使っていましたが問題なく使えていました。

 

強度や耐久性は個体差も大きいと思うので難しいところですね。

 

ちなみに価格はスナップオンもマックも現在は2万円ちょっと、アストロは3500円程度なので6分の1程度の価格ですね。

そう考えると1~2年程度持てば仕事で使う方でも選択肢として無しじゃないのかも・・・?

 

空転トルク

ギア数は

スナップオン・マック:100ギア

アストロ:72ギア

となっています。

 

実際に回した感じだとアストロが一番軽く感じました。

あまり大きくは変わらないので購入するポイントにはならないくらいのレベルですが、軽い分には使いやすくて良いですね!

 

まとめ

使い心地はかなり良いです。

72ギアと少ないギア数ですが、それが気になる場面はかなり少ないと思いますし、空転トルクが少し軽いので気持ちよく回せます。

 

強度面は良くはないので整備士の方などで仕事で使用するならスナップオンかマックが長い目で見たら間違いないでしょう。

ショートタイプならトルクもあまりかけないのでアストロでも良いかもしれません!

初心者の方・プライベーターの方は仕事で使う方と比べると使用頻度も少なく、スナップオンやマックなどは中々手が出せないと思いますのでかなりおすすめできます!

 

高いモノではないので整備士の方でも気になる方は私のように試しに買ってみても良いかもしれませんね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です