ウミガメの車と工具の日記

現役整備士の私が車や工具の事について書いていくブログです。

【スポンサーリンク】

自動車整備士におすすめの工具・メガネレンチ

スポンサーリンク

こんにちは。ウミガメ(twitter:@umigametool)です。

 

今回は昨日に引き続きレンチについて。

残りのメガネレンチについて。

 

スパナとコンビネーションレンチについては

 

関連記事:おすすめ工具・スパナ、コンビレンチ - ウミガメの車と工具の日記

 

をどうぞ

 

ラチェット付きの物については別の記事で書きますね!

 

 

メガネレンチは大きく分けて3種類あります。

  • ストレート
  • オフセット(10度~45度)
  • ディープオフセット(60度~75度)

の3種類ですね。

先端のボルトナットを回す部分の取り付け角度になります。

 

ストレート

これはそのまま。角度が付いてないものですね。

 

オフセット

大体15度か45度を使用してる方が多いかと思いますがその角度の付き方も種類がありますね。一番使用頻度が高く、選ぶのも難しいです。

 

ディープオフセット

私は60度と75度の物しか見た事ありません。

75度の物を使っていますが75度でギリギリという事があるので60度は私の中では無しですね。スナップオンやマックが60度なのが不思議・・・

 

 

メガネは使用頻度も高い工具でサイズも色々使うのでセットでの購入をおすすめします。

 

 

では紹介していきます。

 

 

 

 

KTC「超ロングストレートめがねレンチ」

 

KTCの超ロングストレートメガネ。

下回りや奥まったところでよく使うので絶対に持っておきたい工具。

 

かなりしっかりしてます。

価格も高くないので丁度いいくらいじゃないでしょうか?

 

スナップオンやネプロスなんかも良いんですが、個人的にはストレートはトルクがボルトナットに対して垂直にしっかりかかるのでスナップオンなどの「めちゃくちゃ良い」レベルじゃなくKTCくらいの「コスパ良い」くらいで良いと思います。

 

 

 

KTC「ショートストレートめがねレンチ」

今度はショート。こちらもKTCですね。

使用頻度はかなり低いと思いますが持ってたら使う事はある工具。

 

ベルト交換などの狭いところで使う事があるんですよね。

こちらもストレートなのでコスパ重視。

 

 

 

KTC「めがねレンチ」

こちらもKTC。

KTCは日本での知名度はかなり高いと思いますが、その知名度に合った安心感があると思います。

 

金額も高くないので買いやすいですね!

 

基本的に私はKTCのレンチのデザイン好きなんですよね(笑)

 

紹介してる物は6本セットですが、私的には少し足りないですね。

 

欲しいのは7と9なんですが8本セットでも10本セットでも足りてない(10本セットは7は入ってます)ので6本セットに買い足しが良いかと思います。

とは言っても7も9もそこまで使用頻度は高くないのでしばらく使ってみて全然使わないようならこの6本セットだけでも大丈夫かと思います。

 

 

Snap-on「スタンダードメガネレンチ」


スナップオンのスタンダードメガネセット

間違いなく最高レベルの精度を持ったメガネです。

 

コンビレンチの記事でも紹介しましたがこちらにも「フランクドライブプラス」が採用されていて、面接触になっているのでなめる心配がほとんどないです。

 

メッキも素晴らしく眺めてるだけでニヤニヤしちゃいますよね(笑)

 

KTCと比べると割高になりますがそれだけの価値はあるかと思います。

余裕がある方はこちらをおすすめ!

 

 

 

KTC「プロフィットツールめがねレンチ」 

またもやKTC(笑)

こちらは少し変わっていて左右のサイズが同じですが角度が違う物です。

 

セットだとサイズが8、10、12、13、14の5本

単品のラインナップでもセットのサイズにプラスして15、17、19しかありません。

 

メインで使うにはサイズが足りないです(笑)

 

メガネレンチは角度が合わなくてアクセスができない事が多々あるのでこういう工具を持っておくと便利ですね!

 

 

 

 HAZET「メガネレンチセット75°」 

 

ハゼットのディープオフセット。

ディープオフセットはハゼットかスタビレーが有名ですね!

 

スタビレーとどちらにするか悩みましたが・・・

 

スタビレーは6~22で21が無い

ハゼットは6~22で20が無い

 

日本車では20と21では圧倒的に21が使うのでそこを考えたらハゼットの方が良いかな?

 

金額的にはそこまで変わらないので好みで良いと思います(笑)

 

 

 

PROXXON「メガネレンチ スリムライン オフセット75°」

 

 

プロクソンのディープオフセット。

プロクソンはロータリーラチェットで知ってる人も居るのではないでしょうか?

 

元々電動工具を作っていて、ハンドツールはまだ作り始めて長くないので知らない人の方が多いかもしれませんね。

 

ディープオフセットはハゼットとか言いつつ私はプロクソンを使ってます(笑)

買う時にお金が無くて安い物を探してたら先輩が使っていたのでプロクソンを購入しました。

 

価格はスタビレー、ハゼットの半分程度ですが問題なく使えます。

精度的にはあまり違いは感じませんね。

 

安く揃えたい方にはおすすめ!

 

 

 

今回はこんな感じです。

基本的によく使う物が多いので精度が良い物、信頼できる物を買った方が良いかと思います。特にオフセットの付いたものはボルトナットにズレて力がかかるので。

 

基本の工具ですしどこのメーカーも出してるので選ぶのに悩む工具ですが長く使うし使用頻度も高いので納得できるものをしっかり選びましょう!!!

 

 

 

 

その他、整備士のおすすめの工具は

自己紹介と工具紹介記事一覧