ウミガメの車と工具の日記

現役整備士の私が車や工具の事について書いていくブログです。

自動車整備士におすすめの工具・タップ&ダイス

スポンサーリンク

こんにちは。ウミガメ(twitter:@umigametool)です。

 

今回はタップ・ダイスについて。

タップダイスはボルトやナットのネジ山が潰れてしまったり、錆びてしまったりした時に修正する工具ですね。

 

頻繁に使う工具ではないですが、年に数回程度は使いますし持っていたらかなり助かる工具です。

 

 

で、今回紹介するのはこちら

 

IRWIN:タップダイス T26376

です!

 

メーカーはIRWIN(アーウィン)となってますがHANSON(ハンソン)製ですね。

ハンソンはスナップオンにもOEM供給してる信頼できるメーカーです。

 

実際に私も先輩のを借りて使用していますが、かなり切れ味がいいですね。

 

 

このアーウィンのセットをおすすめする理由は切れ味だけではありません。

 

ダイスが六角形になっている

 

って言うのがかなり良いです。

 

ほとんどのタップダイスセットのダイスは外周が丸になってるんですよね。

しかしそれだと付属のダイス専用ハンドルでしか使えません。

 

外周が六角になっていればソケットにはめ込んでラチェットで早回しも出来ますし、直接めがねレンチやモンキーなどで挟んで力を入れて回すことが出来ます。

 

地味なポイントに見えますが作業性はかなり違います。

 

 

あとは、錆びにくい!・・・気がします(笑)

やっぱり金属同士で擦ってネジ山を修正するので安い物ってよく錆びてくるんですよね。

しかしアーウィンの物は錆びてないんです!

 

もちろん使い方や保管方法によっても変わるんでしょうけど・・・

素材など調べましたが見つからなかったので他のタップダイスと違うのかは分かりません・・・

 

 

一応紹介している物は76点セットです。

ミリとインチのセットになってます。

 

インチは日本車ではほとんど使用しないので、ミリのみの41点セットも良いんですが、足りないサイズがあるんですよね・・・

76点セットの方はミリのサイズも増えていて、おそらくほとんどの物に対応できるので一応そちらをおすすめしています。

 

 

インチほとんど使わないから要らない!って方は41点セットを買って足りない物を追加で買った方が良いかもしれませんね。

 

価格も41点セットに比べると76点セットは2倍近いですしね(笑)

私が覚えているもので足りないサイズはM12、P1.25は欲しいですね。

 

 

ちなみにプライベーターの方で「そこまで使う事は無いけど買っておきたい」って方は全然安いもので良いと思います。

使う頻度が少ないなら作業性もそこまで求めないでしょうし。

 

40点くらい入っていればほとんどのネジに対応できると思いますが個数・サイズは確認して購入しましょう!

 

まぁアストロあたりのを買っておけば大丈夫でしょう。

 
 

 

 

 今回はタップダイスについてでした。

使用頻度は多くないですが整備士をやっていく上では必要不可欠なものかと思います。

 

ネジ山の潰れでただでさえ時間をロスしていると思うのでネジ山修正では少しでも作業性の良いタップダイスを使って時間短縮したいですね!

 

 

 

 

 その他、整備士におすすめの工具は

 自己紹介と工具紹介記事一覧