ウミガメの車と工具の日記

現役整備士の私が車や工具の事について書いていくブログです。

自動車整備士におすすめの工具・プライヤー関係

スポンサーリンク

こんにちは。ウミガメ(twitter:@umigametool)です。

今回は掴み物、プライヤー関係について書いていきます。

 

プライヤー関係も他の工具と同じように種類豊富です。

今回は整備に使用する、絶対持っておきたい物をかいつまんで紹介していきます。

 

 

基本的に私はプライヤー関係はクニペックスだと思っています。

やはりプライヤー関係の専門メーカーで種類も豊富ですし、スナップオンやMACなんかにOEMとして使われてる事を考えても信頼性抜群です。

 

価格もそこまで高くないので買い揃えやすいというのもポイントですね!

全てクニペックスを紹介するわけではありませんが、揃えたい方なんかもいらっしゃると思いますので全部クニペックスでも大丈夫です(笑)

 

それでは紹介していきます!

 

 

KTC:コンビネーションプライヤー

KTCのコンビネーションプライヤー。

なんと言ってもコスパが良いですね。

 

コンビネーションプライヤーは構造的にほとんどどのメーカーも同じかと思います。

ペンチではなく2段階で掴み幅を調整できるコンビネーションプライヤーを買ってください。

 

おすすめポイントとしてはグリップ。

かなり力を入れて掴むことが多いプライヤーなので少しやわらかめ、太目のグリップが使いやすいです。

 

ソフトタイプのグリップという事で少し汚れやすいかな?とも思いますがそれを考えても余りある使いやすさです。

 

 

KNIPEX:メカニックプライヤー

クニペックスのメカニックプライヤー。

ストレートタイプですね。

ラジオペンチを持っている方が多いですが私はメカニックプライヤーの方が良いかと思います。

 

クニペックスのラジペンは掴み面が横に平行にラインが入ってますが、メカニックプライヤーは網目状に入っているので掴んだものが滑りにくいです。

さらに、ワイヤーなどを切断するカッターが付いていないので掴む精度が上がっています。切断用に他にニッパーなどを買うと思うのでカッターは必要ないですね。

 

メカニックプライヤーは先端が曲がった物など種類が豊富ですがとりあえずはストレートタイプを。

ベントタイプなんかも使えますがまた別の記事で(笑)

 

 

KNIPEX:強力型斜ニッパー(硬線用)

クニペックスのニッパー。

サイズは200が良いと思います。

力がいる工具なので大きい方が良いですが、使いやすく大きすぎないサイズですね。

 

クニペックスからは他に「X-CUT」や「ツインフォース」など少し変わったニッパーが出てますがどちらも160~180で通常の200くらいの強さとの事なので価格が安い通常の200を買った方が良いかと。

狭いところで使用する分には小さい方が良いですけどね(笑)

 

狭いところで使うのはタイラップを切るくらいだと思うので、それ専用に別で買った方が良いかと思います。

 

 

KNIPEX:ウォーターポンププライヤー コブラ

クニペックスのコブラ。ウォーターポンププライヤーと言えばコブラですよね。

こちらはサイズ250がおすすめ。人によっては300とかも良いかもしれません。

 

なんといっても掴んだら離さないグリップ力!

この点では他のメーカーには負けないでしょう!

 

クイックセットという事で使いやすさも抜群で、一度開いてロックボタンを押さずにスライドさせるだけで掴み幅の調整ができます。

 

ジョイント部分も3枚合わせになっているのでねじれや横ブレが少なく軽い力で使用出来ます。

 

 

まとめ

最低限持っておきたいのはこれくらいでしょうか?

もちろんプライヤー関係も出来るだけ色々な種類を持っておきたい工具ですけどね(笑)

 

ちなみに今回紹介したクニペックスの工具は全て「コンフォートグリップ」を紹介してます。基本的に力を入れて握るものが多いので作業のしやすさ的には力の入れやすいコンフォートが良いかと思います。

 

しかし連続して使う場合は通常グリップの方が使いやすいですし、もちろん見た目の好みで選んでもらっても大丈夫です。

 

プライヤー関係もかなり種類が多いので必要なものをしっかり選んでいきましょう!

 

 

 

その他、整備士のおすすめの工具は

自己紹介と工具紹介記事一覧