【おすすめ工具】最高の駆動力!スナップオンのフランクドライブプラスのコンビネーションレンチを紹介【Snap-on】

こんにちは。ウミガメです。

 

自動車整備ではメガネレンチを使用する事が多いですが、場所によってはどうしてもスパナやコンビレンチと言ったオープンエンドのレンチが必要になる事があります。

自動車ではなくバイクなどの整備ではメガネレンチではなくコンビレンチをメインで使う事が多いとか。

 

そんなオープンエンドのレンチですが、やはりメガネレンチと比べると少しなめたりする不安が残ります。

 

本記事ではコンビネーションレンチでありながら、そんな不安が全くないSnap-onの「FLANK DRIVE PLUS コンビネーションレンチ」を紹介します。

スナップオン(Snap-on)フランクドライブプラス コンビネーションレンチの簡単な紹介

メガネ側はもちろん面接触のフランクドライブを採用していますが、スパナ(オープンエンド)側に縦溝や切込みの加工(フランクドライブプラス)を施し、メガネ側と同じように面接触でしっかりボルトナットを掴みます。

 

どうしてもスパナ(オープンエンド)を使わないといけない場合に、このコンビレンチを持っていれば安心して作業することができます。

 

本記事ではミリサイズのスタンダードのセットSOEXM710をメインに紹介しますが、ショートタイプのSOEXM100~170、ロングタイプのセットSOEXLM710Bや、インチサイズのスタンダードタイプSOEX710、ロングタイプSOEXL707Bなどもあります。

 

スナップオン(Snap-on)フランクドライブプラス コンビネーションレンチの特徴やボルトナットへの当たり

f:id:umigameblog1:20191030012517j:plain
f:id:umigameblog1:20191030012527j:plain

フランクドライブプラスコンビネーションレンチの一番の特徴はスパナ(オープンエンド)部です。

画像を見るとボルトナットが当たる所に凹凸や溝がある事が分かります。(フランクドライブプラス)

 

通常のスパナだと平面になっているのでどうしてもボルトナットの角(潰れやすく弱い部分)に当たってしまいますが、このレンチはボルトナットの面の部分(潰れにくく強い部分)に当たるように設計されているため高い駆動力を発揮します。

f:id:umigameblog1:20191027035733j:image

ボルトナットに当ててみるとよく分かります。

角に当たらないように設計されていますね。

f:id:umigameblog1:20191027035726j:image

もちろん反対のめがね側にも従来の面接触構造である「フランクドライブ」が採用されています。

角ではなく面の部分にしっかり当たっているのがわかりますね。

 

スナップオン(Snap-on)フランクドライブプラス コンビネーションレンチの重量やサイズ感

重量

f:id:umigameblog1:20191027035815j:image

10mm    53g

11mm    61g

12mm    76g

13mm    92g

14mm    108g

15mm    126g

16mm    138g

17mm    179g

18mm    195g

19mm    217g

 

となっています。

感覚としては他メーカーより少しだけ重いくらいでしょうか?

使う分には何も気になりません。

 

コンビネーションレンチは1本でメガネとスパナを両方使えるので出張修理など工具を持ち運ぶことが多い方は本数を減らすことができるので良いかもしれませんね。

 

長さ(全長)、スパナ部の外径、メガネ部の外径

f:id:umigameblog1:20191027035717j:image

 

サイズ   全長    スパナ部   メガネ部

10mm   171mm   21mm    15mm

11mm   184mm   23mm    17mm

12mm   195mm   25mm    18mm

13mm   207mm   27mm    20mm

14mm   219mm   29mm    21mm

15mm   231mm   31mm    22mm

16mm   242mm   33mm    24mm

17mm   255mm   35mm    25mm

18mm   267mm   37mm    27mm

19mm   279mm   39mm    28mm

 

長さはスタンダードだけあって持ちやすく丁度いい長さ。

 

注目したいのはメガネ部の外径です。

かなり薄く作られているので外径が小さくなっています。

ボルトナットの近くに障害物があってもアクセスできる可能性が上がりますね。

 

スナップオン(Snap-on)フランクドライブプラス コンビネーションレンチの注意点

ここまで良い事ばかり書いてきましたが、フランクドライブプラスコンビネーションレンチにはデメリットもあります。

 

それは「ボルトナットに傷が付く」という事です。

f:id:umigameblog1:20191031014519j:image

スパナ側でボルトナットを回すと、画像のように駆動力を生み出すための溝によってボルトナットに線状の傷が入ってしまいます。

この傷はある程度力を加えるとほぼ100%入ると思った方がいいです。

 

それほど傷が目立つわけではありませんが、化粧ナットや目立つところにあるボルトナットなどには使用しない方が良いでしょう。

 

スナップオン(Snap-on)フランクドライブプラス コンビネーションレンチの主な使用用途

メガネレンチが使用出来ない所

f:id:umigameblog1:20191031020918j:image

ブレーキや燃料系のパイプが出ているナットにはメガネレンチが使用できません。

そういうところではフレアナットレンチなどを使用する事が多いですが、固着している場合などは緩める事ができない事もあります。

 

フランクドライブプラスコンビネーションレンチならそういう所でもナットをしっかりと掴み、緩める事ができます。

 

固着しやすく、なめやすい所

f:id:umigameblog1:20191031020923j:image

タイロットエンド(ラックエンド)の調整をする場合はモンキーレンチの使用が一般的ですが、足回りは固着も多くモンキーレンチはガタも多い工具なのでなめてしまう事が多々あります。

 

後はマフラー関係のボルトナット等も固着が多いので活躍することがあるかもしれませんね。

 

スナップオン(Snap-on)フランクドライブプラス コンビネーションレンチのレビューまとめ

デメリットもありますが、スパナ部の駆動力や精度に関しては最強のレンチではないかと思います。

 

傷がどうしても気になる方や余裕がある方は、普段使いとして別のスパナ(コンビレンチ)を用意して「どうしても」という時に使用するスーパーサブとして使うのも良いかもしれませんね。

 

一度使ってみるとその駆動力に驚くと思います。

安い工具ではありませんが、価値のある工具ですのでぜひ一度使ってみてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です